読むべき本、見逃していない?

「料理はラクすりゃいい」と説く「思想書」

意識の低い自炊のすすめ

 コロナ禍により、巣ごもり生活を余儀なくされている人も多いだろう。慣れない自炊を始めたが、レシピ本通りに作ろうとすると、けっこう時間や食材費がかかる。もっと手軽に自炊をしたい人にオススメなのが、本書『意識の低い自炊のすすめ』(星海社新書)だ。

料理はできなくてもいい

 著者の中川淳一郎さんは、博報堂勤務の後、フリーライター、雑誌編集者などを経て、現在はネットニュースサイトの編集者。『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『ネットのバカ』(新潮新書)など無遠慮だが本質を突いた鋭い物言いに定評がある。

 評者も中川さんの週刊誌コラムを愛読している。料理の専門家でもない人がなぜ料理本を書いたのかと思い、本書を読んだら、すっきりした。基本的な考え方はこうだ。

 ・料理なんてものはやりたい人がやればいい
 ・料理が上手だからってエラいわけではないし、料理ができなくても卑下する必要はない
 ・食事は毎日2~3回はするものだから毎回渾身の力を込めなくてもいい。ラクすりゃいい

そこそこおいしい料理は簡単に作れる

 もちろん自炊のレシピも載っているが、「中食」「外食」も含めた食を無理なく楽しむ「考え方」を紹介している。そして中川さん自身は、これは「思想書」である、と書いている。

 料理のプロではないが、20年以上自炊を続け、料理ができない奥さんに代わって毎食、料理を作っている。また雑誌編集者時代は食関連の特集を手掛けてきたので、料理業界にも詳しい。「意識がいかに低くてもそこそこおいしい料理は簡単に作れる」と訴える。

 本書の構成と評者が参考になると思った項目は以下の通り。

 第1章 自炊はもっと手抜きしていい
  料理の苦手な女性もいる。できる人がやればいい
  味の素を否定するな、権威の言うことを鵜呑みにしないでもいい
  レシピはあくまで参考に
 第2章 楽すると自炊は楽しくなる
  パックご飯を否定するな
  必要な料理器具は案外少ない
  毎日同じものを食べても構わない(カレーの活用法)
  「この調味料・食材は〇〇に使える」をマスターせよ
 第3章 意識の低い料理人が最低限知っておくべきこと
  業務用スーパー使い倒し術と何が何と合うのか
  煮干しの頭と内臓は抜かなくてもおいしい
  なぜその部分捨てちゃうの?
 第4章 自炊のための外食のすすめ
  飲食店の常連になれ
  エラソーな寿司屋に無理して行くな、持ち帰り寿司は悪くない
  百貨店のレストランは意外といい
 第5章 意識の低い合理的おすすめレシピ
  簡単ちらし寿司のつくりかた
  アンチョビの使い方
  ケンミンの焼ビーフンの実力

カレーで5日間食べられる

 具体的なレシピについては本書を読んでもらうことにし、超合理的な考え方だと感心したのは、第2章のカレーの活用法だ。中川家ではカレーを以下のように使い回ししている。

 初日夕食 カレーライスにする。目玉焼きをトッピングにする。
 2日目朝食 これも同様にカレーライスで目玉焼きトッピング。
 3日目朝食 茹でたパスタにカレーをかける。
 4日目朝食 焼きカレーを作る。
 5日目朝食 あくまでも冬場の話で冷蔵庫保存の場合。最後に残ったカレーの鍋に麺つゆと水を入れ、カレーうどんにする。麺は冷凍麺が最も合う。

 作った翌日は冷蔵庫に入れ、夏場は3日目以降は冷凍しているが何も問題はないという。一度カレーを大量に作ってしまえば、様々なバリエーションで朝食作りが楽になる。

 中川さんは「料理を含めた食関連の話題は、人によって言っていることが違いすぎる」として、権威を疑い、自分がいいと思ったものこそいいものだ、と勇気づけている。

 いわゆる「男の料理」とは異なり、食材や調味料にもこだわらず、手軽に自炊できそうなのがポイントだ。「手作り」信仰でガチガチになっている主婦にこそ読んでもらいたい。

 この春以来、料理本、レシピ本を買い集め、少しずつ自炊の機会を増やしてきた評者も、ようやくこの本で「打ち止め」となりそうだ。

 BOOKウォッチでは、『syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ』(宝島社)、『絶品おかずはめんつゆで』(学研プラス)、『『朝仕込み』だから、帰ってすぐできる! おいしいレシピのひみつ』(朝日新聞出版)などレシピ本を多数紹介済みだ。

  • 書名 意識の低い自炊のすすめ
  • サブタイトル巣ごもり時代の命と家計を守るために
  • 監修・編集・著者名中川淳一郎 著
  • 出版社名星海社 発行、講談社 発売
  • 出版年月日2020年7月22日
  • 定価本体880円+税
  • 判型・ページ数新書判・270ページ
  • ISBN9784065206546

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?