読むべき本、見逃していない?

成城の幅2メートルの家、どう売り出す?

クソ物件オブザイヤー

 本書『クソ物件オブザイヤー』(KKベストセラーズ)の著者、全宅ツイとは何者か? 全国宅地建物取引ツイッタラー協会の略で、不動産ファンドの社員から無免許ブローカーまでを会員に擁する不動産業界最大のツイッター集団だ。そして「クソ物件オブザイヤー」とは、2014年から始まったイベントで、不動産業からその年に話題となった物件や事件に賞を与えるものだ。いわくつきの物件があれこれ紹介され、不動産取引の裏が見えてくる。

地面師が暗躍した海喜舘が歴代トップ10に

 「全宅ツイのグル」と名乗る創始者や分譲マンションを扱うデベロッパー社員、アパート経営者、仲介会社の社員ら7人が登場する。

 第1章は、歴代のトップ10を紹介している。

 
 地面師が狙った海喜館のナゾ......海喜館
 お家賃30年保証って......かぼちゃの馬車
 偽装される通帳!?悲喜劇の結末は......スルガ銀行
 自分の所にはやめてくれ!......南青山児童相談所反対運動
 え!?マンション式に戸建て?......カーサ桜上水
 成城に住む夢を叶える狭小住宅......コニファーコート成城学園前Ⅱ
 競売のからくりで成り立つ要塞......朝鮮総連中央本部

 これらの物件や事件の裏事情を詳しく書いている。積水ハウスが60億円だまし取られた東京・五反田の海喜館については、本物の所有者だった女将の個人情報満載のマル秘物語まで触れている。不動産取引の際の本人確認には理論上、技術上の限界があるため、完全に防ぐことは不可能だという。「地面師を見たら逃げましょう」、「不動産の現地情報収集をガチですべし」と教訓をまとめている。

旗竿地の竿の部分に建った家

 さまざまな物件が載っているが、もっとも驚いたのは、幅2メートルちょっとの通路に建てられた東京・成城学園前の一戸建て、「コニファーコート成城学園前Ⅱ」だ。軽乗用車の幅しかない2階建て住宅の写真がインパクトを与える。

 もともとは一つの旗竿地があり、旗の部分と竿の部分に分けて売り飛ばされ、その竿の部分に建てられたものだという。2014年新築時の価格が4680万円。その後値を下げて売り出され、いったん売れたが、2018年に買った人が7190万円で売りに出した。19年9月時点では4480万円で売り出し中だ。

 「全宅ツイのグル」さんは、もったいないの気づきが生んだ挑戦的な物件なのだろうと推測している。廊下を通るのがやっと、家具を入れたら動くことも出来ない超狭小住宅を買う人はいるのだろうか? 借りる人はいるのだろうか? と疑問を持たざるを得ない。「成城」というブランドの持つ魔力が生み出した物件だろう。

不動産取引の一回性

 第4章は「クソ物件」はなぜ生まれるかを分析している。間取り系、迷走系、事件系、社会情勢系、破綻系、ブラック系といろいろあるそうだ。世間を騒がせたレオパレスの一件について、「不動産屋は、あなたからお金をもらった瞬間、もう他人なんです」と、不動産取引の高額性、一回性を指摘している。そこが毎日野菜を売る八百屋との違いだと。

 また第5章は、カテゴリー別の「クソ物件」カタログも。間取り系には、10年間買い手がつかなかった元相撲部屋が載っている。飲食NGの事務所向け物件だというが、土俵が鎮座する稽古場をオフィスにしたのはどんな会社なのだろうか?

 第6章では、メンバーが例の「コニファーコート成城学園前Ⅱ」の売り出しを担当したら、どうするるか? というテーマで座談会を開いている。

 
 「奥行きが34mあるそうだから、おうちの中で超走れるよ。あんなに室内で走れる家はないと(笑)」
 「短距離選手用」
 「何でも可の撮影スタジオにすれば、半日6万円で貸せる」
 「土地は細長いけど、広さが27坪」
 「成城だし、家賃12万円でギャラリー兼SOHOみたいなので借り手決まりますよね」

 最後は、名門公立小学校の学区にあるということで、「越境用の住所貸しハウス(家庭訪問不可)」という結論だった。

 「クソ物件」を面白がるだけでなく、空き家問題など社会問題にも言及している。

 人の数だけいろいろな土地がある。ちょっと怖いというイメージもある不動産業界について知りたいという人にとって必読の書だろう。

 BOOKウォッチでは、『選手村マンション「晴海フラッグ」は買いか?』(朝日新聞出版)、『限界のタワーマンション』 (集英社新書)、『やってはいけない不動産投資』 (朝日新書)、『負動産時代』(朝日新書)など不動産関連の本を紹介している。

  
  • 書名 クソ物件オブザイヤー
  • 監修・編集・著者名全宅ツイ 著
  • 出版社名KKベストセラーズ
  • 出版年月日2019年10月25日
  • 定価本体1500円+税
  • 判型・ページ数四六判・183ページ
  • ISBN9784584139516

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?