本を知る。本で知る。

「ありそうでなかったアイデア」を生み出す人になるには?

「ありそうでなかったアイデア」のつくりかた

   ブレストの場でアイデアを求められるも、なかなか思いつかない...。メンバーを驚かせるようなアイデアを出せたらいいのに...。

   そんな経験をしたことがある方も多いはず。「これが欲しかった!」と誰もが共感するアイデアにはセンスや努力、経験は不要だ。ちょっとしたシンプルな発想法が重要になってくるという。

   2023年1月20日『「ありそうでなかったアイデア」のつくりかた』(クロスメディア・パブリッシング)が発売された。

book_20230123111449.jpg

   人は、「身近に感じるもの」に共感し、「意外な工夫」に驚きを感じる。「ありそうでなかった」と感じられるポイントをおさえることが大切なのだ。

転がっていかない「四角いガムテープ」→20.5万「いいね」
勉強が楽しくなる「繁華街になる付箋」→11.3万「いいね」
かわいくて失くしたくない「マンタのロッカーキー」→3.5万「いいね」

   これらの「ありそうでなかったアイデア」をSNSに投稿しているのは、クリエイターのいしかわかずやさんだ。大手IT企業でデザイナーとして勤めるかたわら、様々な商品デザインコンペに応募し、受賞率9割以上を誇るという。

   そんないしかわさんのアイデアノウハウが本書にまとめられている。

book_20230123111508.jpg

book_20230123111524.jpg

book_20230123111538.jpg

   話題になるアイデアを連発するいしかわさんだが、特別難しいことはしていないという。心がけるポイントは、「2つのアプローチ」と「2つの発想法」だ。本書では、30のアイデアの発想過程とともに紹介していく。

   例えば、「テーマから考える」「競合商品を見て考える」など人が考えそうなところから発想すると、生まれるアイデアも人と重なってしまう。そこでいしかわさんは、「課題を解決する」「特徴を伸ばす」の2つのアプローチを紹介する。

   また、目指すアイデアの方向性が決まったら発想法が必要になる。大げさで複雑なアイデアを狙うのではなく、「見立てる」「ちょっと変える」というシンプルなところから手をつけていこう。

   仕事のアイデアで行き詰まっている時は、アプローチを変えてみよう。仕事での企画出しが楽しくなるような1冊。

■いしかわ かずやさんプロフィール
いしかわ・かずや/SNS総フォロワー10万人超えのアイデアクリエイター、大手IT企業勤務のデザイナー。主な受賞歴は、「サンスター文具 文房具アイデアコンテスト」第24回審査員特別賞、第25回グランプリ、「コクヨデザインアワード2020」ファイナリスト、「シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション」12th・13th・14th 3年連続受賞、宣伝会議賞二次通過など。自身のSNSやYouTubeチャンネルでも、アイデアや発想のノウハウを多数発信している。


※画像提供:クロスメディア・パブリッシング


 
  • 書名 「ありそうでなかったアイデア」のつくりかた
  • 監修・編集・著者名いしかわかずや 著
  • 出版社名クロスメディア・パブリッシング
  • 出版年月日2023年1月20日
  • 定価1848円(税込)
  • 判型・ページ数四六判、336ページ
  • ISBN9784295407904

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ビジネス・経済・法律の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?