本を知る。本で知る。

「うちの子に食べ物を与えないで」「孫に食べさせて何が悪い」嫁姑が"食"を巡ってバトル!

やっかいな食卓

 嫁と姑にはトラブルがつきもの。料理が得意な姑・凛子と、フードスタイリストとしてバリバリ働く嫁・ユキの間にも暗雲が――!?

 69歳の大型新人・御木本あかりさんが、「食」を巡る家族小説『やっかいな食卓』(小学館)を上梓した。"相性最悪"なのに、息子/夫の建の提案で同居することになってしまった凛子とユキ。同居の条件として「生活はお互い干渉しない」「食卓は別々」というルールを立てたが......?

「お義母さん、うちの子に食べ物を与えないでください」
「孫にごはんを食べさせて何が悪いんだい」

 夫に先立たれた凛子は、独身の長男と暮らしていたが、その長男も事故で突然死。凛子は一人でも大丈夫と思っていたが、心配した次男の建から同居の話を持ちかけられる。

 一方で、ユキ・建夫婦も懸案事項を抱えていた。それは、二人の息子・旬が最近学校へ行けていないことだった。共働きで忙しい二人は、なかなか旬のそばにいてやれない。凛子がそばにいるだけでも安心ではないかと、建はユキに提案した。

 しぶしぶながら、凛子とユキは同居を認めた。ただしユキの条件は、「お互い干渉しない」ということだった。なぜなら、凛子とユキは初対面のときから"相性最悪"。干渉したらやっかいなことになるのが目に見えていたのだ。結果、凛子の家をリフォームし、リビングも、キッチンも、風呂もトイレも別に作った。

 こうして幕を開けた、一触即発の同居生活。互いにギスギスし続ける中、ある日いよいよ事件が起こる。ユキと建の帰りが遅くなった夜、凛子が旬の心配をして唐揚げを作ってあげていたのだ。嬉しそうな旬と建をよそに、ユキは「これは嫌がらせだ」と思い――。家族の"食卓"はどうなっていってしまうのか!?

 やっかいな家族の関係に、御木本さんが「ちょっと得意」だという美味しそうな料理が華を添える。

「よく揉むと、味が滲みて美味しくなるの」

「粉を付けてすぐに揚げると、カリッとなるのよ」

「こんな風なきつね色になったら取り出す。取り出したら、油切り皿に置いて、油はしっかり落とす。こういうところを面倒臭がっちゃ、美味しい唐揚げにならないの」

 家族ドラマが楽しめて、一冊読み終える頃には料理名人に。一石二鳥の傑作だ。


※画像提供:小学館


   
  • 書名 やっかいな食卓
  • 監修・編集・著者名御木本あかり 著
  • 出版社名小学館
  • 出版年月日2022年9月30日
  • 定価1650円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・240ページ
  • ISBN9784093866538

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?