本を知る。本で知る。

「なんじゃこりゃ?」「ありえね~!」を楽しむナンセンス絵本。【ミモザの読み聞かせ絵本 5】

にゅーっ するするする

 読み聞かせボランティア歴17年のベテラン・ミモザさんがおすすめ絵本を紹介するシリーズ、「ミモザの読み聞かせ絵本」今回は第5回。紹介するのは、「ナンセンス絵本」です。

 感動する絵本、考えさせられる絵本、いろいろな絵本がありますが、ためになるだけが絵本ではありません。ときには、「なんじゃこりゃ?」となる絵本もどうでしょう。わけわかんないけどなんか面白い。そんなナンセンスの世界へいざないます。


『にゅーっ するするする』
長新太 作/福音館書店


地面からにゅーっと手がのびてきて、
自動車を土の中へ、するするする......。
ネコも飛行機もにゅーっとつかまれては、
土の中へとするするする......。

 ナンセンスの巨匠・長新太さんの絵本。「にゅーっ」と「するするする」だけで展開する幼児向け絵本ですが、ちょっとホラーで小さい子にはトラウマになりそうなので、ミモザさんは小学校中学年以上にだけ読み聞かせするんだとか。


『いそいでおでかけ』
五味太郎 作/童心社


さるの子がいそいでおでかけ。
あっ、何か気になったみたいです。
いそいでおうちに戻ります。
くつを忘れて、ぼうしを忘れて......。
次はどうしたの?「ぼく、どこへゆくんだっけ」

 何度も何度も忘れ物をとりに、おうちへ戻るさるのぼうや。ミモザさんが読み聞かせすると、子どもたちは「名札忘れてる!」「水筒!」と大盛り上がりだそうです。


『かとりせんこう』
田島征三 作/福音館書店


かとりせんこうのけむりがもんもん。
蚊がぽとんぽとん。
お花がぽとん。ぼうしがぽとん。
新聞紙の字がぽとんぽとん......!?

 かとりせんこうのけむりは窓から外へ出て、看板がぽとん、UFOがぽとん。ありえない~! でもそれがナンセンスのいいところ。最後はお月さまが涙をぽとんと落とすのですが......。(月がまるごと落ちなくてよかった!)

読み聞かせしていると、「月に目はないよ!」と男の子の声が。でも、月に目があっても、なくてもいいんです。絵本ですから。

『オー・スッパ』
越野民雄 文・高畠純 絵/講談社


ゴリラが、ウマが、ナマケモノが......
いろんな動物が、間違えてレモンをがぶり。
ウオーッ、スッパ。
ヒーッ、スッパ。
ウウウ、スーーーッパーーーーー。

 ただただいろんな動物がレモンをかじって、すっぱがるだけ。だけど、しわくちゃの顔とすっぱい悲鳴が絶妙にツボを刺激します。読みながら口の中にツバがわいてくる絵本。


『バースデー・ドッグ』
斉藤洋 作・高畠那生 絵/フレーベル館


最後はちょっと大人なナンセンス。
誕生日、「ハッピー・バースデー!」と、犬が来た。
「ありがとう。でも、きみ、だれ?」
「ミスター・バースデー・ドッグさ」

 バースデー・ドッグはソファーでくつろいだり、誕生日パーティーの準備をしてくれたり。夢かと思ったら翌日もまだいて、誕生日が過ぎてもずっと居座って......。まるで村上春樹の小説のような不思議な展開に、スタイリッシュで遊び心のある絵がベストマッチです。


 「は?」「なんじゃこりゃ?」という絵本もたまにはいかが? ありえない~! というフィクションの世界を思いきり楽しんで。ミモザの読み聞かせ絵本、次回もお楽しみに。





 


  • 書名 にゅーっ するするする
  • 監修・編集・著者名長新太 作
  • 出版社名福音館書店
  • 出版年月日1989年12月 5日
  • 定価880円(税込)
  • 判型・ページ数24ページ
  • ISBN9784834010145

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?