本を知る。本で知る。

全身大トロの「毒魚」が釣れる島の名前は?

しまずかん

 7000近くの島々からなる日本列島。あなたは、いくつ名前を言える?

 2022年8月1日(島の日)に発売された、『しまずかん』(講談社)は、数ある島の中でも「キャラ強め」の島たちを、シュールなイラストとともに紹介する、世界初の図鑑だ。

book_20220805130755.jpg

 島のキャッチコピーと、島の特徴が表現されたなんともいえないキャラクターを、全50島ぶん収録。たとえば、沖縄県の南大東島は、約4800万年前にパプアニューギア沖で生まれて、そこから地殻変動で一年に約7cmずつ動いてきて、今、沖縄県に位置している。動き続けている島なので、南大東島には足がついていて、歩いている――という具合に、ユニークな視点で描かれたキャラクターの魅力に溢れている。

 ほか、絶景島、奇祭島、珍食島、古代遺跡島から世界遺産島まで、話したくなる島のトリビアが満載で、好奇心あふれる子どもから、旅好きの大人まで楽しめる一冊となっている。

紹介されている島の例
・裏名物の毒魚インガンダルマで注目の南大東島(沖縄県)
・虫に食べられて消滅しそうなホボロ島(広島県)
・築100年超の廃墟アパートが話題の軍艦島(長崎県)
・日本一映える星空につつまれる竹富島(沖縄県)
book_20220805131824.jpg
南大東島(沖縄県) パプアニューギアから1年に7cmずつ歩いている!?
book_20220805131244.jpg
ホボロ島(広島県) 虫に食べられて、100年後には島全体が消滅!?
book_20220805131243.jpg
軍艦島(長崎県) 最盛期の人口密度は世界一!
book_20220805131241.jpg
竹富島(沖縄県) 映える水牛車、夕日が映える桟橋、映える星空......全身映えまくり!
「日本にはおよそ7000もの島たちが暮らしています。
島たちは、海で囲まれているのでまわりを気にせずに育ちがちです。だから、気づいたときには、自然も文化も生態系も、個性的な感じに仕上がってる。キャラがだいぶ強くなっちゃってる。謎の仮面でお祭りする島。毒ガスをつくらされていた島。人間の都合でサイボーグ化した島。
この本では、そんな個性的な島たちのつぶやきを紹介しています。きっと、人間に対して話したいこととか伝えたいことがいっぱいあるんだろうね。ほら、島がなにか言いたそうだよ。聞いてあげて。」
 ――「はじめに」より

各種コーナーも充実

 島トリビアを扱う「しまちしき」では、驚きの情報をクスッと笑える文章とかわいいイラストで紹介。たとえば南大東島の場合、裏名物の毒魚「インガンダルマ」が紹介されている。インガンダルマは、全身が大トロのような脂身でできている深海魚で、とってもおいしいそうだが、人間が消化できない脂だから、食品衛生法では毒魚に分類されているのだとか。

book_20220805131937.jpg
雑学好きにもおすすめ! 島トリビアが満載!

 世界中の島を比べる「しまくらべ」コーナーでは、日本の島だけではなく、世界中の個性的な島も紹介。国内にある「ブタの島」や「毒ヘビの島」から、自由の女神がある島、イースター島のような世界遺産まで、多様な珍しい島情報を掲載している。

book_20220805132613.jpg
「ウサキの島」「ブタの島」「毒ヘビの島」など、動物たちが支配する島を比較。

book_20220805132639.jpg
「デロス島」「イースター島」「リバティ島」など、世界遺産の島を比較。

 さらに、島の空想4コマ漫画「しままんが」も掲載。「島がもし人だったら・・・」な悲喜こもごもを情緒豊かに描いている。島たちが、恋して、憧れて、泣いて、笑う4コマだ。

book_20220805133000.jpg
「しままんが 沖島/友ヶ島」 大海にあこがれる沖島/平和でよかった友ヶ島

book_20220805132959.jpg
「しままんが 利尻島/浦戸諸島」 恋する白い恋人、利尻島/詠めなかった松尾芭蕉、浦戸諸島

目次
〇1 フィリピン海プレートの島
01 南大東島――パプアニューギニアからやってきた
02 小笠原諸島――家族そろって世界遺産
03 硫黄島――1万人が眠ってる
04 西之島――兄を食べた赤ん坊
05 沖ノ鳥島――大人の事情でサイボーグ
06 伊豆大島――不毛の黒砂漠 
07 式根島――太平洋の温泉郷
08 青ヶ島――攻略困難なラストダンジョン 
09 鳥島――アホウドリの墓場 
〇2 ユーラシアプレートの島 
10 軍艦島――だれもいない軍艦 
11 池島――廃墟というかレトロ 
12 五島列島――キリスト教徒の隠れ島
13 九十九島――実は二百八島 
14 沖ノ島――この時代に女人禁制 
15 桜島――昔は島でした 
16 奄美大島――太陽嫌いの南国 
17 種子島――10分で宇宙 
18 屋久島――縄文杉の生みの親 
19 悪石島――仮面神降臨 
20 石垣島――美ら海バラダイス
21 宮古島――一度沈んだ水没島 
22 西表島――遭遇確率ほぼ0% 
23 与那国島――沈む古代遺跡 
24 竹富島――映え天国 
25 尖閣諸島――固有種をかくまうトンガリ島
26 直島――作品名「直島」
27 女木島――桃太郎の鬼 海賊説
28 四阪島――できちゃった婚
29 由利島――無人島一のテレビっ子
30 宮島――忖度が生んだ世界遺産
31 契島――24時間稼働中
32 大久野島――秘密の毒ガス工場
33 ホボロ島――虫の餌食
34 北木島――頭だけは全国区
35 竹島――名前がたくさん
36 沖島――湖の中の沖島 大海を知らず
37 淡路島――日本列島の長男坊
38 友ヶ島――地図から消された秘密要塞
39 渡鹿野島――愛のキューピッド
40 賢島――世界の賢が大集結

〇3 北アメリカプレートの島
41 礼文島――ひと夏のメルヘン
42 利尻島――富士山の恋人
43 北方四島――最北の個性派四姉妹
44 浦戸諸島――いとをかし島
45 田代島――ワンちゃんNG
46 佐渡島――徳高い系島流し
47 江の島――パリピアイランド
48 猿島――難攻不落の未使用要塞

〇4 太平洋プレートの島
49 南鳥島――ぼっち日本代表
50 中ノ鳥島――ゴーストアイランド

たいりくずかん 
1ユーラシア大陸 2アフリカ大陸 3北アメリカ大陸 4南アメリカ大陸 5南極大陸 6 オーストラリア大陸
画像提供:講談社
  • 書名 しまずかん
  • 監修・編集・著者名作:こにし けい、たきざわ しょうたろう、しまもり なつこ
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2022年8月 1日
  • 定価1760円(税込)
  • 判型・ページ数224ページ
  • ISBN9784065287842

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?