本を知る。本で知る。

6年ぶりのBL! 榎田尤利が描く、珠玉の異種間ラブストーリー

賢者とマドレーヌ

   おまえと目が合って初めて......
   自分のどこに心臓があるのかを知った......。

   2022年6月17日発売の『賢者とマドレーヌ』(リブレ)は、人嫌いで珍獣好き×美しい瞳の忌み者の異種間ラブストーリー。榎田尤利(えだゆうり)さんによる6年ぶりのBL新刊とあって、注目を集めている。

book_20220621121848.jpg

   あらすじは以下の通り。

   誰もが羨む美貌と聖職者としての高い地位。それらを手にしながら無感動に生きる『風読み』は、忌み者として蔑まれる『アラズ』を物珍しさから助ける。瀕死にもかかわらず、燃える瞳で抗うアラズ。その輝きに風読みは気づかぬうちに心奪われていた。人の言葉を解さぬアラズだが、傷も癒え、風読みとの生活に少しずつ馴染み、好物のマドレーヌを頬張るようになる。やがてその身体が変化する『季節(ルトゥ)』が訪れ、二人の間にも...。
book_20220621121906.jpg

   登場人物が魅力的だ。文善やよひさんの美しいイラストの力もあり、想像力を掻き立てられる。

   美しく長い銀の髪、銀の睫毛、灰青の瞳を持ち、類い希な美貌で名高い「風読み」は、アーレの中でも屈指の名家の出身で、気圧、気温、湿度など大気の変化を敏感に察知する天恵を持つ。一方、無口で無表情なことから、『美しき石像』と呼ばれ、とっつきにくいイメージだ。人間にはあまり興味がなく、珍しい生き物たちとともに暮らしている。

   一方の「アラズ」は、忌み者として蔑まれている、森に暮らす少数部族のことを指す。「風読み」が助けたアラズの少年(マドレーヌ)は、赤に金と黄を混ぜたような、紅玉髄(カーネリアン)にも似た色の瞳を持ち、肌の色や質感も、他の民とは異なる、不思議な魅力の持ち主だ。ジュノの民の家からパンや軟膏を盗み、捕らえられ、檻に入れられていたところを風読みに助けられる。非常に粗暴だが、風読みの屋敷にいる生き物たちとはすぐに馴染んだ。

   BL小説を読んだことがない方はもちろん、ファンタジー好きな方にもオススメの1冊。キャラクターたちの魅力に酔いしれること間違いなし。


※画像提供:リブレ


  • 書名 賢者とマドレーヌ
  • 監修・編集・著者名榎田尤利 著、文善やよひ 画
  • 出版社名リブレ
  • 出版年月日2022年6月17日
  • 定価1540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判、303ページ
  • ISBN9784799756744

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?