本を知る。本で知る。

「私、葬儀屋さんになる!」新卒で飛び込んだ葬儀の世界

葬儀屋さんになったわけ

 新卒で葬儀屋に就職を希望する人は、どのくらいいるのだろう。人の死に直面し、遺族の悲しみに寄り添う。大学を出たての若者にとって、いや、社会人ウン何年目のベテランでさえ、相当の覚悟が必要だろう。

 6月17日発売の『葬儀屋さんになったわけ』(イースト・プレス)はそんな、「葬儀屋さんの新入社員」のリアルな日常を描いた漫画だ。

book_20220617110613.jpg

 「私、葬儀屋さんになる!」

 主人公のあおいが、新卒で飛び込んだのは、葬儀屋さんの世界だった――。

book_20220617110630.jpg

 葬儀に関する知識はゼロのあおい。宗派別のお作法や、数え切れないほどの仏具や専門用語の数々、絶対に失敗は許されない書類の提出など、覚えなくてはならないことは山積みで、めまいがしそうだ。

book_20220617110643.jpg

 先輩に教わりながら必死に頑張る毎日。遺族と接する中で、葬儀屋としての自らの使命に気づき始める。

book_20220617110657.jpg

book_20220617110712.jpg

 「大切な人との別れ」の最期のお見送りに接する葬儀屋さんの仕事。絶対に失敗が許されない現場だが、仕事にやりがいを見出していく。

book_20220617110726.jpg

 カラオケでお経を歌ってしまったり、お寺の門前で宗派がわかったりするなど、葬儀屋さんならではの「あるある」が面白い。

 作者は、実際に葬儀屋さんとして働いた知識や経験を持つはが あおいさん。葬儀に携わる立場として、仕事への想いに溢れた作品となっている。


※画像提供:イースト・プレス


  • 書名 葬儀屋さんになったわけ
  • 監修・編集・著者名はが あおい著
  • 出版社名イースト・プレス
  • 出版年月日2022年6月17日
  • 定価1100円(税込)
  • ISBN9784781620923

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?