本を知る。本で知る。

最強の自己改革小説!『夢をかなえるゾウ』シリーズ最新刊は、「そもそも論」

夢をかなえるゾウ0(ゼロ) ガネーシャと夢を食べるバク

えっ!? 自分、「夢」がないやて?
ほな「夢の見つけ方」教えたろか。

 2022年5月19日、文響社より、『夢をかなえるゾウ0 ガネーシャと夢を食べるバク』(水野敬也)が発売された。

book_20220519151825.jpg
画像は『夢をかなえるゾウ0 ガネーシャと夢を食べるバク』(水野敬也)

 『夢をかなえるゾウ0』は、累計460万部突破「日本一読まれている自己啓発小説」とされる「夢をかなえるゾウ」シリーズの最新作。シリーズの原点である本作では、平凡な上に「夢がない」会社員に、シリーズお馴染みのインドの神様・ガネーシャが、「夢とは何か?」「夢は本当に必要なのか?」を教えてくれる。

「夢」の意味を考えてきたシリーズ

 しかしこの内容は、どんな意味で「シリーズの原点」なのだろうか。

 ベストセラーになり、テレビドラマ化、舞台化、アニメ化までされたシリーズ第一作『夢をかなえるゾウ』は、有名社長や芸能人、華やかな人たちが集まるパーティに参加し、みじめな思いをした平凡な会社員のもとにガネーシャがやってきて、独自の方法によって成功に導く......という内容だった。

book_20220519155507.jpg
画像は『夢をかなえるゾウ1』(水野敬也)

 注目したいのは、その終盤、成功するための方法=夢をかなえる方法を教えてきたガネーシャが「成功だけが人生じゃない」と言う部分だ。自己啓発のハシゴを外すような言葉だが、ここには、成功する方法をただ教えるだけでなく、「そもそも成功とは何なのか」についても考えさせてくれるという、シリーズの特徴が見事に表れている。

 このテーマは、売れないお笑い芸人が主人公の『夢をかなえるゾウ2』や、仕事も恋もあきらめきれない女性社員が主人公の『夢をかなえるゾウ3』、主人公が医者から「余命3か月」を宣告されるところから始まる『夢をかなえるゾウ4』でも一貫して描かれてきた。そして、シリーズ最新作で取り上げられる「夢はなぜ必要なのか」は、いわばこのテーマにおける究極の問いだ。

 作者である水野さんは、この問いにどう答えたのか――。シリーズファンのみならず、多くの人に興味を持たせる1冊だ。

画像提供:文響社
  • 書名 夢をかなえるゾウ0(ゼロ) ガネーシャと夢を食べるバク
  • 監修・編集・著者名水野敬也(著/文)
  • 出版社名文響社
  • 出版年月日2022年5月19日
  • 定価1848円(税込)
  • 判型・ページ数541ページ
  • ISBN9784866514970

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?