本を知る。本で知る。

くりぃむ・上田晋也、人生で一番「激変」した30代のこと。

激変

 いろんなことが目まぐるしく動いた30代。仕事が増え始め、結婚をし、第一子が生まれ、改名騒動に翻弄され......。

 くりぃむしちゅー・上田晋也さんのエッセイ第2弾『激変 めまぐるしく動いた30代のこと』(ポプラ社)が4月11日に刊行される。

 オードリー・若林正恭さんは「知的な言い回し、骨太なエピソード。明るくておもしろくて強い、上田さんそのもののような本でした。」と推薦の言葉を寄せている。

 初エッセイ『経験 この10年くらいのこと』(ポプラ社)の刊行から約1年。本書では、芸能生活30年のうち、「海砂利水魚」から「くりぃむしちゅー」になった10年を綴っている。

 明石家さんまさん、東野幸治さん、YOUさん、土田晃之さんとのテニス同好会の話、さまぁ~ずさん、内田裕也さんなど、著名人との裏話、相方・有田哲平さんとの思い出話も。

 「いろんなことが目まぐるしく動いた30代だった。ようやく仕事が増え始め、結婚をし、第一子が生まれ、新しい事務所を立ち上げ......、人生で一番激しく変化した10年間だったと思う」

book_20220407191304.jpg
撮影/有泉伸一郎

知名度が上がるにつれて

 いまでは安定したMC力で確固たる地位を築いている上田さん。ゆえに、若かりし頃のエピソードの数々は新鮮味があって面白い。

 「差異~イタズラ電話の副作用~」では、上田さんと有田さんが当時、周囲からどんなふうに認識されていたのかが垣間見える。

 「私も有田も、売れたい、有名になりたい、と思って芸能界に入った。(中略)しかし知名度が上がってくると、それにつれて厄介なこともあるもので......」

 32、33歳のある日。楽屋でマネージャーがふと思い出したように話し始めた。昨日事務所に変な電話がかかってきて、先週、群馬で上田さんに原チャリで轢き逃げされたから損害賠償金を払え、と言われたという。

 上田さんはもちろん身に覚えがなく、「はぁ?」という感じである。原チャリで群馬まで行くわけない! そもそも上田がそんなことするわけない! とマネージャーが強めに言ったら、電話はガチャッと切れた。

 「3人とも苦笑というか、失笑というか、イタズラ電話のあまりのバカバカしさにフクロウばりに首を傾げながらも、少しずつ知名度が上がってきたことに、少々の喜びを感じていた」

 2週間後、マネージャーが血相を変えて楽屋に飛び込んできた。「有田、お前ストーカー行為やってるだろ!」

 20代前半の男から事務所に電話がかかってきて、岐阜で彼女が有田さんに連日付け回されて怯えているからやめさせろ、慰謝料を払え、と言われたという。有田さんも上田さん同様身に覚えがなく、「はぁ?」という感じである。しかし、マネージャーは......。


book_20220407190948.jpg
撮影/有泉伸一郎

改名が、一つのきっかけにでもなれば

 2021年、上田さんは芸能生活30周年を迎えた。「海砂利水魚」として10年、くりぃむしちゅーとして20年。この改名も、30代に経験した大きな出来事だった。

 改名は、ある番組の罰ゲーム。内村光良さんが「今日カイジャリが負けたらコンビ名何にしようかなー?」「有田、お前好きな食べ物何?」と言い、有田さんは「クリームシチューです!」とありったけの笑顔で答えた。「よし、それでいこう!」――。

 そんなやりとりで改名候補が決定。カイジャリは勝負に負け、「くりぃむしちゅー」に改名へとあいなった。新コンビ名に上田さんの希望や要素は何1つ入っていないが、文句は言わなかった。

 「いや正直に言うと、内心は改名を喜んでいた。その当時、なかなか思うようには仕事が入っていない状況で、名前を変えれば売れる、などと脳みそに練乳かかってんのか、というような甘い考えは持っていなかったが、ちょいとした話題になって、一つのきっかけにでもなればいいな、と思ったから」

 改名から10日後、ある番組から、新コンビ名を世に広めるために伝説に挑戦しないか、とのオファーがあった。それは芸能生活30年で、「一番しんどかったし、嫌だった仕事」となった。なんと1週間でクリームシチューを500杯食べ切る、というもので......。


book_20220407191149.jpg
撮影/有泉伸一郎

 このほか、20代後半の時の彼女にほかの女性の存在がばれる、もし生まれ変わるとしたら森泉さんになりたい......などのエピソードも。テレビで見る「上田晋也」とはまたひと味違って興味深い。

 「毎日楽しく、充実しているから1日、1カ月、1年が早く過ぎている、と考えるようにしている。そういう意味では30代の10年間は、いろんなことが変化して、あっという間に過ぎていった。そして、40代はもっと早く過ぎていった。これから先の人生も、どんどん早く感じるように生きていきたい、と思っている」

book_20220407191106.jpg

■上田晋也さんプロフィール

 1970年5月7日熊本県生まれ。血液型はO型。ナチュラルエイト所属。お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの突っ込みを担当。バラエティ番組にとどまらず、クイズ番組やスポーツ番組など、数多くの番組で切れ味鋭い突っ込みを入れながら活躍中。趣味は、読書、美術鑑賞、映画鑑賞、スポーツ観戦など。


※画像提供:ポプラ社


  • 書名 激変
  • サブタイトルめまぐるしく動いた30代のこと
  • 監修・編集・著者名上田 晋也 著
  • 出版社名ポプラ社
  • 出版年月日2022年4月11日
  • 定価1,540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・271ページ
  • ISBN9784591173251

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

エッセイの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?