本を知る。本で知る。

女はいつも、どっかが痛い。自律神経の不調を整える心づよ~いレッスン本!

女はいつも、どっかが痛い がんばらなくてもラクになれる自律神経整えレッスン

   更年期は女性ホルモンが減り続けることで自律神経のバランスが崩れやすくなる。

 これまでになかった不調がやってきたときに、鍼灸師のやまざきあつこさんの元に駆け込み、自律神経を整えることで乗り越えた鳥居りんこさんが聞き書きをした『女はいつも、どっかが痛い がんばらなくてもラクになれる自律神経整えレッスン』(小学館)が発売された。

book_20220228111153.jpg

"不調を感じやすい女"2人がタッグを組んで贈る「自律神経を整えるレッスン」

 

   やまざきあつこさんは、28年間、7万人の体と心を見てきたベテラン鍼灸師だ。自身も、中学校の教師を務めていた5年間に、頑張りすぎて自律神経のバランスを崩し、鍼灸に通ううちに「鍼灸ってすごい」とその素晴らしさに気づき、鍼灸師になったという。プロスポーツトレーナーの職に就いたあと、自律神経失調症に悩む女性の駆け込み寺がないこと、また、女性の体のことが分かっている女性鍼灸師の必要性を感じ、独立して鍼灸院を始めた。

 
「家事も育児も仕事も介護も、ちゃんとやって当たり前、自分を出せば否定され、セカンドチャンスは絶望的、そんな状況下で、家族すらも、この不調を理解してくれないという毎日に追い詰められていく女性たちが、今日も私の元を訪ねてこられます。(はじめにより)」
 

   そんな女性のひとりが、聞き書きを担当した鳥居りんこさんだ。鳥居さんも、長年無理を重ねて気力だけでがんばってきたのだという。

 

   やまざきあつこさんも鳥居りんこさんも、「たいていいつも、どっかが痛い」と悩む自称"不調を感じやすい女"。その二人がタッグを組み、不調に悩む女性たちのために本書を発行した。

   更年期は女性ホルモンが減り続け、自律神経のバランスが崩れていくので、様々な症状に悩まされるが、「自律神経失調症による体の不調は、本当の原因が何かの"気付き"を得るためのものです。心身の状態が良くなれば、自分を取り戻して、自分の道を歩めます」と語るやまざきさん。

   本書には、そのヒントがたくさんちりばめられている。

   「自律神経の不調は薬ではなく自分で治そう!」とトライしてみよう。

book_20220228111224.jpg
鍼灸師・やまざきあつこさん

   本書では、やまざきあつこさんが痛みや不調を感じやすい女性に共通のクセを紹介していく。 不調を感じやすい方には、心のクセがある場合が多いとのこと。まじめで気遣いができる女性ほど、がんばり時と休み時のリズムが見つけられず苦しんでいる可能性がある。

book_20220228111304.jpg

   本書では実際に施術した例をもとに以下のレッスンをすすめている。

① 気働き上手さんの役割から降りるレッスン
② 誰かの不機嫌を背負い込むのをやめるレッスン
③ 不安に心を乗っ取られないレッスン
④ 自分ファーストを取り込むレッスン
⑤ 1杯の缶ビールで幸せになるレッスン

①の「気働き上手」さん。「女子会の際に大皿で出てきたサラダを取り分ける係」になっていませんか? ただでさえ仕事、家事全般、家族の送り迎え、親の介護などで抱えているものが多いのに、要らぬ配慮まで抱え込んでしまっているケース。

②の「誰かの不機嫌を背負(しょ)い込む」ケース。レジの店員さんの機嫌が悪そうなのも「私が何かやっちまったから?」と責任の所在を自分に求めるのがクセになっていませんか?

③の「いつも心が不安に乗っ取られて」いるケース。大丈夫、ちゃんと緊急避難的な対処方法があるんです。

④の「自分ファースト<他人ファースト」になっているケース。しかも見返りがないことにぶち切れてしまうケース。これがデフォルトで苦しんでいませんか?

⑤の「1杯の缶ビールで幸せ」になれないケース。そんな意識の低い人生観じゃダメだ!と自分を責めていませんか?

   どれかに当てはまる!と感じた方は、知らず知らずのうちにがんばりすぎているのかもしれない。

   気遣いが日常になってしまうとどんどん疲労が蓄積されてしまう。本書を手に、今の自分を見つめ直しながら、自律神経を整えるレッスンをしてみよう。

■やまざきあつこさんプロフィール

鍼灸師。1963年生まれ。鍼灸師。藤沢市辻堂にある鍼灸院『鍼灸師 やまざきあつこ』院長。開業以来28年間、7万人の治療実績を持つ。1997年から2000年までテニスFedカップ日本代表チームトレーナー。プロテニスプレーヤー細木祐子選手、沢松奈生子選手、吉田友佳選手、杉山愛選手などのオフィシャルトレーナーとして海外遠征に同行。ほかにプロライフセーバー佐藤文机子選手、プロボディボーダー小池葵選手、S級競輪選手などプロアスリートの治療にも関わる。自律神経失調症の施術には定評がある


※画像提供:小学館

  • 書名 女はいつも、どっかが痛い がんばらなくてもラクになれる自律神経整えレッスン
  • 監修・編集・著者名やまざきあつこ 著、鳥居りんこ 取材・文
  • 出版社名小学館
  • 出版年月日2022年2月24日
  • 定価1430円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・228ページ
  • ISBN9784093115032

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?