本を知る。本で知る。

「さりげない気づかい」具体的に何をすればいいの?

なぜか感じのいい人が気をつけていること

   さりげない気づかいができる人は、周囲の人とも打ち解けやすい。そういう人に憧れるも、「この配慮はおせっかいだろうか?」と不安になることもある。

book_20210917114023.jpg

   『なぜか感じのいい人が気をつけていること―――気持ちよくて、自然で、心なごむ......感じのよさは身につけられる!』(三笠書房)は、そんな気遣いの「さじ加減」が難しいと悩んでいる人におすすめの一冊。

   仕事や人付き合いの中でのふるまい方には、あなたらしさが表れる。たとえば、人の噂話が耳に入ってきたとき、相談話を持ち掛けられたとき、あなたはどんな対応をしているだろうか。

   一緒に噂話で盛り上がったり、相談されているのに自分の意見を押し付けてしまったりしていないだろうか。本書では、以下の違いについて解説し、「感じの良い人」になるための心得を説く。

・「でしゃばり」と「気遣い」
・「馴れ馴れしさ」と「親しみやすさ」
・流行に「乗る」と「活かす」

   ちょっとした言動で、相手の気を悪くしてしまったという経験をした人もいるだろう。自分では「気遣い」のつもりが「でしゃばり」になるなど、残念な印象を持たれてしまうことも。「感じのよさ」は今からでも身につけられる。とっさにうまくふるまうのは難しいので、事前に予習しておこう。


※画像提供:三笠書房


 
  • 書名 なぜか感じのいい人が気をつけていること
  • サブタイトル気持ちよくて、自然で、心なごむ……感じのよさは身につけられる!
  • 監修・編集・著者名山﨑 武也  著
  • 出版社名三笠書房
  • 出版年月日2021年8月31日
  • 定価748円(税込)
  • 判型・ページ数228ページ
  • ISBN9784837969785

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?