本を知る。本で知る。

パリ流大人の恋愛をしてみませんか?アラフォー以上のリアル恋活でときめきたい!

大人の恋愛ライフ ときめき再デビュー

   パリに長く暮らしたイラストレーターの米澤よう子さんによる恋愛ノウハウ本は、パリ流の大人の恋愛がテーマだ。華麗なイラストともに、気品あふれる恋愛術が展開されている。

book_20210810144858.jpg

   2021年7月に『大人の恋愛ライフ ときめき再デビュー』(KADOKAWA)が発売された。本書では、アラフォー以上に向けた大人の恋愛術が紹介されている。

   平穏だけど凪のようにただ静かな日常。そんな毎日から脱出して「ときめき」を取り戻したい人必見の内容となっている。何歳になっても恋愛はドキドキするものだが、年齢を重ねたからには大人の振る舞いも身につけたい。

   例えば、恋活におけるファッションは個性を出しすぎないようにすると良いそうだ。無難で派手すぎないフェミニンなファッションのように。

   自分スタイルより相手への好印象を優先して、ねこをかぶることが大切だという。これは、なんだかパリジェンヌからは遠い気もしてしまうが、実は「そのときに適した服装」である「TPO」を重視するのがパリ流だという。自分らしさは控えめにして、恋活に自分を適応させていくのだ。まだ見ぬ彼に服装から歩み寄る心を大切にする、大人の気遣いだ。

   他にも、お見合いパーティやパートナーに出会うまでの努力と工夫を華麗なイラストで紹介していく。パリジェンヌに習って大人の振る舞いができると、好印象を持ってもらえそうだ。

   他にも、相手との年齢差、スペックかフィーリングか、優先順位はどうすべき?など、恋愛再デビューあるある話が満載。

   本書の目次は以下の通り。

1章 恋する準備
・リアルな同世代とは
・パリ流フェイス作り
2章 恋活スタート
・始まりはミステリアスに
・お茶、お食事の店選び
3章 ときめき再デビュー
・恋愛感情は若い頃と同じ?
・彼のときめきを測る
4章 大人の恋愛ライフ
・「会うこと」を難しくしない
・大人デートの醍醐味
5章 大人カップルの多様性
・愛のかたちはさまざま
・長ーい目で見る恋活
6章 フランス流 愛のあり方
・パリで知った愛の循環
・魔法の言葉「セ・ラヴィ」

   大人の恋愛となると若いころと違って心遣いが重視される。年齢を重ねると、それだけ仕事やプライベートも多様化する。だからこそ、良い距離感で良い恋愛を築いていきたい。

■米澤よう子さんプロフィール
女子美術短期大学卒業。大手企業広告のグラフィックデザイナーとして勤務。その後、イラストレーターとして独立。化粧品パッケージや広告キャンペーン、女性ファッション誌、CMなどで多数の女性イラストレーションを手がけたのち、渡仏。パリの高級百貨店、LE BON MARCHEでの個展を開催するなど、多才な活躍を経て、帰国。現在はパリ在住4年の経験を生かした著書、商品企画を手がけるなど活動範囲を広げている。著書に、『パリ流おしゃれアレンジ!3 靴からはじまる着こなしの魔法』(KADOKAWA)など多数。
※画像提供:KADOKAWA

 
  • 書名 大人の恋愛ライフ ときめき再デビュー
  • 監修・編集・著者名米澤 よう子 著
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2021年7月30日
  • 定価1,485円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・128ページ
  • ISBN9784048967495

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

恋愛の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?