本を知る。本で知る。

「嗚咽するほど泣いた」。切なくて儚い「期限付きの恋」をあなたに。

余命一年と宣告された僕が、余命半年の君と出会った話

それは世界一、幸福な日々。
僕たちの、切なくて儚い『期限付きの恋』が始まった――。

   2021年1月に刊行されてから、SNSを中心にじわじわと口コミで広がり、5月には人気TikTokerのけんごさんが「最近泣いた感動する小説」として紹介したことにより、爆発的なヒットとなった『余命一年と宣告された僕が、余命半年の君と出会った話』(ポプラ社)。森田碧(あお)さんのデビュー作で、異例の10万部を突破した。

book_20210818141707.jpg

   本書のあらすじは次の通り。

   高校一年の冬。重い心臓病を患い、余命宣告を受けた早坂秋人。絶望の淵をさまようなかで、同じ病院に入院する桜井春奈と出会う。そんな彼女もまた、重い病気を抱え、余命わずかだった。

   秋人が自分の病気を隠す一方で、彼女は「死ぬのは怖くない」と言う。早すぎる余命宣告を抱えながらも懸命に生きる彼女の姿に、次第に惹かれていく秋人だった。

   「自分はまだ人を好きになっていいのだろうか」と、葛藤を続けながらも過ぎゆく日常に、やがて変化が訪れる――。

   担当編集者は、小説投稿サイトで本作の原型を偶然見つけ、森田さんに「即アプローチした」と言う。「初めて読んだときは号泣しました。タイトルで内容がほぼわかってしまうにもかかわらず、それでも泣けてしまう......。きれいで淡々とした描写の中に熱い感情が込められていて、静かに胸を打つ作品」と太鼓判を押す。

   その「直感」に間違いはなく、読者からも「嗚咽するほど泣きました」「何度読んでも泣いてしまう」といった感想が寄せられている。

   淡々と描かれる2人の日常は、儚い美しさと優しさで溢れている。人との繋がりを再確認したい今だからこそ、多くの人に読んで欲しい究極の純愛小説。

森田碧(あお)さんプロフィール

北海道出身。2020年、LINEノベル「第2回ショートストーリーコンテスト」にて「死神の制度」が大賞を受賞。2021年、本作でデビュー。

※画像提供:ポプラ社


 
  • 書名 余命一年と宣告された僕が、余命半年の君と出会った話
  • 監修・編集・著者名森田 碧 著
  • 出版社名ポプラ社
  • 出版年月日2021年1月 4日
  • 定価726円(税込)
  • ISBN9784591168899

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

恋愛の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?