本を知る。本で知る。

「青天を衝け」ドラマガイド。パリ編、家康パートなど舞台裏を大公開!

NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 後編

   NHK大河ドラマ「青天を衝け」。7月4日の放送では、いよいよ渋沢栄一(ドラマ内では篤太夫)がパリへと旅立つことが決まった。新選組の副長、土方歳三を演じた町田啓太さんや、朝ドラと同じ五代友厚役のディーン・フジオカさん、のちの初代総理大臣、伊藤博文を演じる山崎育三郎さんら、イケメンが続々登場し、ますます盛り上がっている。北王子欣也さん演じる徳川家康の解説も、毎回人気だ。

   そんな大河ドラマの魅力を余すところなく紹介する『NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 後編』(NHK出版)が6月25日に発売された。

book_20210705112028.jpg

   本誌では、「登場人物関係図」「出演者紹介」「あらすじ(第17回~第29回)」など、複雑な群像劇を分かりやすく解説している。また、「渋沢栄一たちが見た1860年代のパリ」や、「吉沢亮 大河ドラマ奮闘記」、「徳川家康パート 誕生Story」などのコーナーでは、ドラマでは見られない、役者の素顔や制作の裏側をうかがい知ることができる。

   さらに、フランス文学者の鹿島茂さん監修のパリ万博紹介や、ドラマの時代考証を務める齊藤洋一さんが徳川慶喜(ドラマでは草彅剛さんが演じている)について語るインタビューも。時代背景を理解するために、ぜひ読んでおきたい。

   ドラマでは、栄一が幕府、朝廷、薩長の思惑に翻弄されながら、信念を貫くための葛藤の日々が続く。血洗島から京都、そしてパリへと移り変わった舞台で、渋沢栄一はこれからどのように進んでいくのだろうか。

   出演者インタビュー(掲載順・敬称略)は以下の通り。

吉沢亮、高良健吾、草彅剛、波岡一喜、板垣李光人、磯村勇斗、深川麻衣、武田真治、志尊淳、石丸幹二、博多華丸、ディーン・フジオカ、山崎育三郎、福士誠治、尾上右近、山内圭哉、町田啓太、橋本愛、田辺誠一、満島真之介、岡田健史、成海璃子、藤野涼子、和久井映見、小林薫

   なお、完結編は10月発売予定である。

   ブックウォッチではこれまでにも、『大河ドラマ 青天を衝け 渋沢栄一のすべて』『NHK大河ドラマ「青天を衝け」完全ガイドブック』 などを紹介している。


※画像提供:NHK出版


 
  • 書名 NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 後編
  • 監修・編集・著者名大森美香 作/NHKドラマ制作班 監修
  • 出版社名NHK出版
  • 出版年月日2021年6月25日
  • 定価1,210円(税込)
  • ISBN9784149233871

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?