本を知る。本で知る。

思わず家事がしたくなる!『私を動かす暮らしの道具』

私を動かす暮らしの道具

   ガラスの耐熱鍋やピッチャー、竹のしゃもじにざる、手すき漉し。「用の美」と言われるほど美しく、暮らしを豊かにしてくれる道具をテーマに、日々の暮らしや、家事エピソードを交えた『私を動かす暮らしの道具』(エムディエヌコーポレーション)が発売された。

book_20210628143158.jpg

   著者の経塚加奈子さんは、夫と4人の子ども(中2、中1、小5、1歳)の6人で福島県に暮らしている。2011年に、元々アパートだった実家の2階をリフォームし、暮らし始めたことで、古い建物に合う和の古道具に興味が湧くようになった。

   現在は、台所や愛用品の写真をInstagram(@ka.na.man)に投稿して注目を集め、フォロワー数は6.2万人に上る。

book_20210628143220.jpg

   4人の子どもの母である経塚さんが、毎日忙しく家事をこなすなかで見つけた道具たちは、使い勝手が良く、見た目にも美しく、心から「好きだ」と思えるものばかり。日本各地で作られた伝統的な道具は、時を経てこそ味わいが増す。

   本書の出版にあたり、経塚さんは下記のようにコメントを寄せている。

家事は毎日毎日、終わることなく続くもの。 そして、使う道具によって大いに助けられるものでもあります。
がんばらざるを得ないことって多いから、「これ好きだな」と思える道具で少しでも楽しい気持ちになりたい。
自分の気分がいいことは、家族の気分をよくすることにつながると感じます。
すぐにほしいと思っても、ものによっては数カ月、なかには1年以上手元にやってこないような道具もあります。
売り切れていたり、そもそも理想の形に出会えなかったり。
けれどその時間もまた、ものに対する愛情を深めてくれている。
探す時間を含めて、楽しんでいるのだと思います。
book_20210628143239.jpg

   本書では、経塚さんがじっくりと吟味をして集めてきた道具や、お気に入りの作家の器、赤ちゃんや子ども用のものまで、日々の生活を豊かにしてくれる道具を、彼女の愛情溢れる視点から紹介している。

   経塚さんが選んだ道具たちは下記の通り。

【ガラスの道具】
ガラス鉢/ガラス漏斗/広口試薬瓶/耐熱鍋/空き瓶/ガラスのピッチャー/茶海/チョコポット
【木の道具】
カッティングボード/アク取り/米とぎ/持ち手付きトレー/サーバー/しゃもじ/手付き漉し/トレー
【ざる】
丸いざる・持ち手付きざる/篠竹ざる/白竹ござ目そば椀ざる/ステンレスざる
【鍋】
ごはん炊き鍋/段付き鍋/無水鍋/雪平鍋/スチーマー/ミルクパンとコーヒーサーバー/ハムエッグパンとアルミフライパン
【水切りかご】
水切りバスケット/竹編みの四角い水切りかご/手編み水切りかご
......etc.
book_20210628143255.jpg

book_20210628143315.jpg

book_20210628143331.jpg

   毎日続く終わりのない家事。使う道具によって、気持ちも変わってくる。少しでもご機嫌でいられるように、自分だけのお気に入りを見つけたい。


※画像提供:エムディエヌコーポレーション


 
  • 書名 私を動かす暮らしの道具
  • 監修・編集・著者名経塚 加奈子 著
  • 出版社名エムディエヌコーポレーション
  • 出版年月日2021年6月25日
  • 定価1,500円(税込)
  • 判型・ページ数A5判/144ページ
  • ISBN9784295201502

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?