本を知る。本で知る。

寝ても寝ても眠い。それは食生活が原因かも?

体とココロが喜ぶごほうび漢方

   なんだか眠れない、スッキリしないなど、ちょっとした不調が気になる方も多いだろう。コロナ疲れやストレス社会が原因かもしれない。そんな時には自分に「ごほうび」を。中医学の知恵を生活に取り入れてみてはいかが?

   2021年3月19日、『体とココロが喜ぶごほうび漢方』(主婦の友社)が発売された。本書には、朝・昼・晩、寝る前と1日の流れに合わせた実践しやすい中医学の知恵や養生法、薬膳などが紹介されている。

20210321_ごほうび漢方1.jpg
画像は『体とココロが喜ぶごほうび漢方』(主婦の友社)

   日々の生活でちょっと疲れたときなどに取り入れやすい、体とココロが喜ぶごほうびのようなネタが164も掲載されている。著者は鍼灸師の田中友也さんだ。

20210321_ごほうび漢方2.jpg
画像は著者の田中友也さん(主婦の友社提供)

   田中さんは関西学院大学法学部卒業後、イスクラ中医薬研修塾で中医学の基礎を学び、北京中医薬大学、上海中医薬大学など本場で研鑽を積んだ鍼灸師。ツイッターでつぶやく漢方にまつわる話は、わかりやすく親しみやすいと人気だ。

   本書では、そんな田中さんがストレス社会で日々闘っている人々に向けて、気軽に取り入れられる中医学の知恵を紹介している。

   まずは体質チェックから始めよう。以下の8つのタイプのうち、あなたはどれに当てはまるだろうか?

1 体の元気(エネルギー)不足の「気虚(ききょ)」体質
2 気の巡りが悪い「気滞(きたい)」体質
3 血が不足している「血虚(けっきょ)」体質
4 血の巡りが悪い「?血(おけつ)」体質
5 体の潤い不足の「陰虚(いんきょ)」体質
6 体に余分な水分や汚れがたまっている「痰湿(たんしつ)」体質
7 体を温める力不足の「陽虚(ようきょ)」体質
8 体に余分な熱がこもっている「陽盛(ようせい)」体質
20210321_ごほうび漢方3.jpg
画像は『体とココロが喜ぶごほうび漢方』より(主婦の友社提供 以下同)

   体の特性を知ることで、ぴったりの養生法や食事を実践できる。

   次に、自分が何げなくしている行動をチェックしてみよう。例えば、よく炭酸飲料を飲む、ため息をつく、脚を組むなども、不調のサインになりうる。本書のPart2では、そのような日常のありふれた行動から体の不調に迫っていく。「こんな行動が不調のもとに!?」と驚くに違いない。

20210321_ごほうび漢方4.jpg

20210321_ごほうび漢方5.jpg

20210321_ごほうび漢方6.jpg

   また、本書のPart2~5では、よくある症状別に改善方法を紹介している。朝・昼・夜、季節、週末に分けられているので、自分の生活に合わせて実践しやすい。本書のアドバイスの一部を紹介しよう。

例えば、「寝ても寝ても眠い」なんて思ったことありませんか?
そんなときは「食事を腹八分目にする」心がけを。

夜、しっかり寝ているのに起きられない、寝ても寝ても眠い、目をあけられない、知らない間に寝てしまうという症状を中医学では「嗜眠(しみん)」といいます。
嗜眠の大きな原因は胃腸が弱っていること。暴飲暴食をしていたり、味つけの濃いもの、油っこいもの、甘いもの、冷たいものなどが大好きという人に多い症状です。
そんな人は、まずは胃腸を元気にすることから始めましょう。食生活を見直し、腹八分目にして、あっさりした温かいものを食べるように心がけてください。ぐっと、すっきり朝目覚められます!
20210321_ごほうび漢方7.jpg

20210321_ごほうび漢方8.jpg

   思い当たる節がある人も多いのでは。睡眠と食生活が結びつくなんて意外だ。

   さらに、本書には鍼灸師の田中さんならではの、ツボ押しによるケアの方法も掲載されている。

   朝起きたときや日中の会議の合間など、ちょっとした時間にリフレッシュすることができる。どこを押せばよいのか一目でわかるツボMAPがついているので、初心者でも安心だ。

20210321_ごほうび漢方9.jpg

   ちょっとした不調でも、生活の中のパフォーマンスを低下させてしまう。普段がんばっている自分の体を労わり、「ごほうび」をあげよう。


※画像提供:主婦の友社

 
  • 書名 体とココロが喜ぶごほうび漢方
  • 監修・編集・著者名田中 友也 著
  • 出版社名主婦の友社
  • 出版年月日2021年3月19日
  • 定価1,518円(税込)
  • ISBN9784074468713

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?