本を知る。本で知る。

「101匹わんちゃん」悪役クルエラが子犬たちに執着したワケ

ディズニー みんなが知らない101匹わんちゃん なぜクルエラは毛皮のコートに取りつかれたのか

 なぜ彼女は子犬たちの毛皮にあれほど執着したのか――。「101匹わんちゃん」のヴィラン(悪役)のクルエラを主役とした小説『ディズニー みんなが知らない101匹わんちゃん なぜクルエラは毛皮のコートに取りつかれたのか』(講談社)が3月12日、発売された。

 同作は、ディズニーヴィランズの知られざる悲しい過去を題材にした、ディズニー公式ヴィランズ小説の最新作。「101匹わんちゃん」に登場するクルエラは、どうして子犬たちを連れ去り、毛皮のコートを作ろうと企んだのか。その背景にある、裕福ながらも愛情に欠けた家庭環境や、母親の「誰にも負けないで」という言葉による無意識の呪縛などを描く。

 ディズニー公式ヴィランズ小説シリーズからは、これまで6作が発売されている。ラインナップは以下の通り。出版元はいずれも講談社。

『ディズニー みんなが知らない美女と野獣 なぜ王子は呪いをかけられたのか』
『ディズニー みんなが知らない白雪姫 なぜ女王は魔女になったのか』
『ディズニー みんなが知らないリトル・マーメイド 嫌われ者の海の魔女アースラ』
『ディズニー みんなが知らない眠れる森の美女 カラスの子どもマレフィセント』
『ディズニー みんなが知らない塔の上のラプンツェル ゴーテル ママはいちばんの味方』
『ディズニー みんなが知らない奇妙な三姉妹の話 本当の結末』

ディズニー みんなが知らない美女と野獣 なぜ王子は呪いをかけられたのか (講談社KK文庫)

ディズニー みんなが知らない白雪姫 なぜ女王は魔女になったのか (講談社KK文庫)

ディズニー みんなが知らないリトル・マーメイド 嫌われ者の海の魔女アースラ (講談社KK文庫)

ディズニー みんなが知らない眠れる森の美女 カラスの子ども マレフィセント (講談社KK文庫)

ディズニー みんなが知らない塔の上のラプンツェル ゴーテル ママはいちばんの味方 (講談社KK文庫)

ディズニー みんなが知らない奇妙な三姉妹の話 本当の結末 (講談社KK文庫)
※画像提供:講談社
BOOKウォッチ編集部

 
  • 書名 ディズニー みんなが知らない101匹わんちゃん なぜクルエラは毛皮のコートに取りつかれたのか
  • 監修・編集・著者名セレナ・ヴァレンティーノ 著/岡田好惠 訳
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2021年3月12日
  • 定価本体700円+税
  • 判型・ページ数新書判・192ページ
  • ISBN9784065227985

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?