本を知る。本で知る。

気弱さん必読! コーヒー代を返して欲しい時、何て言う?

気弱さんのための言いにくいモノの言い方

   この間、友人とお茶をした時に、「今度会った時に返すね」と言われたコーヒー代を返してもらっていない、無駄としか思えない作業の依頼を断りたい、低予算の仕事を引き受けてほしい――などなど、大人には、言いたくないけれど、言わなくてはいけないことがとても多い。あなたならそんな時、どのように相手に伝えるだろうか。

   本著『気弱さんのための言いにくいモノの言い方』(主婦の友社)は、空気が読めるからこそ言いにくい「断る」「頼む」「意見する」「謝る」「慰める」を柔らかく丸く収める例文を収録した「気弱さん」専用のモノの言い方お助けブックだ。

main.jpg
画像は、『気弱さんのための言いにくいモノの言い方』(提供:主婦の友社 以下同)

   作家で心理カウンセラーの五百田達成(いおた・たつなり)さんが監修を務めている。五百田さんは『話し方で 損する人 得する人』『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』などを出版し、話し方・コミュニケーションの達人として定評がある。

   例えば、あまり条件の良くない仕事を断りたい時、あなたならどのように伝えるだろう。ここで例文に挙がったのは「〇〇さんのご迷惑になるのが心配なので、遠慮させてください」というもの。

   ほかにも、「上司から命じられた難易度の高い仕事を断りたい」「いま聞かせたことを誰にも言わないでほしい」「SNSに『いいね』してほしい」「レストランでオーダーしたものと違うものが出てきた」「子どもが中学受験に失敗してしまった親に」など、ビジネスでもプライベートでも、さまざまな「言いにくい」シチュエーションを想定した上手な伝え方の例文が2つずつ掲載されている。

sub1.jpg
画像は、「仕事上のお断り」のページ。

sub9.jpg
画像は、「励ます方向の慰め」のページ。

sub4.jpg
画像は、「付き合い上のお願い」のページ

   最初は例文に従って角が立たないフレーズを話し、慣れてきたら例文を参考に自分だけのフレーズにする。それだけで様々なバリエーションができ、自分の言いたいことを素直でありながら、角が立たないように伝えられるようになるはずだ。

   今日から職場や友人関係で使える例文が盛りだくさん。

   「空気が読める」とは、他人の心に寄り添い、気持ちを慮ることができるからこそ。気弱さん、繊細さんのスキルを生かし、「丸く収める」技術を身につけよう。


※画像提供:主婦の友社

 
  • 書名 気弱さんのための言いにくいモノの言い方
  • 監修・編集・著者名五百田達成 監修
  • 出版社名主婦の友社
  • 出版年月日2021年3月 1日
  • 定価本体1,540円+税
  • ISBN9784074475056

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?