読むべき本、見逃していない?

上田秀人の新作スタート。岡田将生が表紙の「小説 野性時代」2月号

小説 野性時代 第207号 2021年2月号

   人気文芸誌の「小説 野性時代」(2021年2月号 No.207、株式会社KADOKAWA)が1月12日に発売された。表紙とグラビアは、1月22日(金)より公開される映画『さんかく窓の外側は夜』に出演の岡田将生さんが務める。

   本号では、時代小説作家の上田秀人さんの長編「継ぐ者」が待望の連載開始。興隆期にある徳川家の謎にせまる超大作だ。

   また、推理小説作家の逸木 裕さんの読み切り短編「スケーターズ・ワルツ」も掲載。旅先で出会った女性が語った指揮者の栄光と挫折の人生に、探偵のみどりは徐々に違和感を覚えていく物語。

sub1.jpg
画像は、「月刊文芸小説誌『小説 野性時代』2021年2月号(No.207)」の上田秀人さん「継ぐ者」イラスト

   そして11月23日に急逝された小林泰三さんを偲び、旧交のあった、田中啓文さん、恒川光太郎さん、牧野修さん等からの弔辞も掲載している。小林泰三さんの代表作は『玩具修理者』『アリス殺し』等、ホラー、SF、ミステリなど幅広いジャンルで活躍された。

   そのほか、本号最終回の宮部みゆきさんの「三島屋変調百物語七之続」や、早見和真さんの「八月の母」の掲載や、第12回 小説 野性時代新人賞 第ニ次通過作品の発表も掲載されている。

   また、これまで紙版のみだった「小説 野性時代」が12月より電子版の配信も開始された。こちらは、毎月25日配信予定。

   さらに、サブスクリプション・サービス「角川文庫・ラノベ読み放題」でも、「小説 野性時代」は購読できる。


※画像提供:株式会社KADOKAWA

  • 書名 小説 野性時代 第207号 2021年2月号
  • 監修・編集・著者名小説野性時代編集部 編
  • 出版社名株式会社KADOKAWA
  • 出版年月日2021年1月12日
  • 定価本体800円+税
  • 判型・ページ数336ページ
  • ISBN9784041094983

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?