読むべき本、見逃していない?

「4か月でマイナス5キロ」リアルな数字を達成した「ダイエット終焉」本

 「一年前、私はデブでした、ただのデブではありません。過食嘔吐を繰り返し、ダイエットに失敗しては泣き暴れていた、アル中・メンヘラのクソデブです。24歳の時です」

 そう話すのは、2020年12月3日に発売された『ダイエットの終焉。──デブで自尊心底辺だった私の人生を変えたボディメイク』(小学館)の著者、Sunny(サニー)さんだ。フィットネストレーナーであり、現在はSNSのフォロワー10万人のインフルエンサーでもある彼女だが、過去には過食症や体型のコンプレックスに悩んでいたという。

画像は、『ダイエットの終焉。──デブで自尊心底辺だった私の人生を変えたボディメイク』(小学館)
画像は、『ダイエットの終焉。──デブで自尊心底辺だった私の人生を変えたボディメイク』(小学館)

 10代の頃から20代前半まで続いた、本人曰く「クソデブ暗黒時代」を終わらせたのは、王道とも言える適切な食事と運動、マインドセットだった。「食べないダイエット」を終わらせた経験から書かれた本書には、健康的に痩せるために必要なマインドセットや、食事、トレーニングのノウハウがぎっしり詰まっている。

(左)「暗黒時代」当時のSunnyさん (右)現在のSunnyさん
(左)「暗黒時代」当時のSunnyさん (右)現在のSunnyさん

 Sunnyさん自身、暗黒時代から「変わろう」と思い立ち、たった4か月でマイナス5キロを達成した。

「ダイエット産業的にはたいした数字ではありませんが、確実に私の人生は変わりました。運動を教えてもらっていた自分が、いまでは指導する側にいるんですから」

 Sunnyさんの成功哲学を武器にすれば、今度こそ目標を達成できるかもしれない。


※画像提供:小学館

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?