本を知る。本で知る。

「釣りキチ三平」矢口高雄さんへ届けたい 横手市増田まんが美術館がメッセージフォーム開設

 「釣りキチ三平」の著者で漫画家の矢口高雄さんが、2020年11月20日に亡くなった。81歳だった。矢口さんは秋田県横手市出身。高校卒業後、銀行員を経て30歳をすぎてからデビュー。自然と人間をテーマにした作品でファンを魅了し、画業生活50年を迎えた節目の年だった。

 故郷の横手市には「横手市増田まんが美術館」があり、矢口さんは名誉館長を務めていた。同館のホームページでは、「矢口高雄先生を応援してくださる全ての皆様へ」と題し、言葉や想いを届ける場所としてメッセージフォームを開設している。

※参考リンク...横手市増田まんが美術館「矢口高雄先生を応援してくださる全ての皆様へ」

画像は、「横手増田まんが美術館」のホームページ「矢口高雄先生を応援してくださる全ての皆様へ」の画面キャプチャ
画像は、「横手増田まんが美術館」のホームページ「矢口高雄先生を応援してくださる全ての皆様へ」の画面キャプチャ

 寄せられたメッセージは今後開催を予定しているお別れの会(開催日時は未定)まで横手市増田まんが美術館が預かるという。



   

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?