読むべき本、見逃していない?

三島由紀夫が「豚」と呼んだものの正体とは?

日本人は豚になる

 今日11月25日(2020年)で、作家・三島由紀夫が陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で自衛隊の決起を促す演説をした直後に割腹自殺してから、ちょうど50年になる。それを前に映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」が上映されたり、日本経済新聞が文化面で「三島由紀夫 50年後の問い」という連載をしたり、「NHKスペシャル 三島由紀夫・没後50年」が放送されたりするなど、メディアでは三島の「生と死」を見つめ直す動きがあった。

 本書『日本人は豚になる 三島由紀夫の予言』(KKベストセラーズ)は、三島の書いた評論をベースに、保守主義者たる三島が日本の将来をどう考えていたかを分析した本である。

 著者の適菜収氏は1975年山梨県生まれ。作家・作詞家。著書に『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『平成を愚民の時代にした30人のバカ』(宝島社)、『国賊論 安倍晋三と仲間たち』(KKベストセラーズ)など多数。舌鋒鋭い批評で注目される書き手である。

「思いを同じくする保守主義者」

 三島の死後に生まれた適菜氏は、三島が書いた評論を全集ですべて読み、自分も三島が死んだ年齢に近づくにつれ、「歴史上の偉い人」から「つい最近まで生きていた先輩へ」、「エキセントリックな右翼」から「思いを同じくする保守主義者」とイメージが変わったという。

 そうして親近感を感じた三島を以下の構成で描いている。

 はじめに わが友 三島由紀夫
 第1章 三島由紀夫の予言
 第2章 バカとは何か?
 第3章 死に方と生き方
 第4章 キリスト教と民族の神
 第5章 皇室と憲法
 おわりに 日本人は豚になる

右翼と保守の違い

 三島には保守主義者と右翼の二つの顔があった、と冒頭に書いている。三島は生涯を通して保守主義者だったが、晩年の数年間は右翼のように振舞った。そして自決した。

 右翼や左翼がともに理想主義であるのに対し、保守は反理想主義だ。どこかに跳躍がなければならない。そのプロセスをこう説明する。

 1 三島は本質的な意味における保守主義者だった
 2 だから、三島は右翼になりきることができなかった。
 3 晩年は右翼を演じている自分を客観的に見つめる保守主義者としての三島がいた。
 4 つまり、三島という人間の中では保守主義者と右翼が同居していた。
 5 これは概念上、成立しない。
 6 よって三島は分裂した。

 実にわかりやすい説明だ。

「愛国心」を嫌った三島

 三島は真っ当な保守主義者だったので、復古主義や民族主義の脆弱性も理解していたという。「大東亜戦争における日本軍の世界史的位置づけもわかっていた。軍部にも昭和天皇にも批判的だった。『愛国者』を自称する人間を嫌悪していた。『愛国心』を嫌った」。

 本書には三島の思想を理解するため、多くの先人の文章が引用されている。バートランド・ラッセル、ハンナ・アレント、マイケル・オークショット、ニーチェ......。もちろん、三島の評論からは自在に引用されている。それらの一つひとつが「箴言」のようにいま思える。

 「おわりに」で、三島はこう日本の将来を危惧していた、と書いている。

 「このまま行ったら日本はなくなってしまうのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機質な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう」(「果たし得てゐない約束」)

 適菜氏は三島の警告は悪いほうに外れた、と書いている。

 「日本はすでに経済大国ですらない。
  憲法の恣意的な解釈、公文書の改竄、データの捏造、日報の隠蔽などがまかり通る三流国になっている。無機質でからっぽであり、卑劣で貧相で抜け目しかない」(中略)
  バカがバカを担げば、当然バカな国になる」

 本書は「適菜収のメールマガジン」(2019年11月25日~2020年9月28日)が初出だ。その紹介文にこんなことを書いている。

 「新型コロナウイルス騒動で世界はパニックに陥った。株は大暴落。そこにわが国のトップが安倍晋三という悲劇が重なった。だが、日本の機能不全は一時的なものではない。世界史的に見れば近代大衆社会の末期症状と言えるし、短いスパンで見れば平成の30年間にわたる制度破壊(国家破壊)の当然の帰結である」

 三島は「明日自分が豚になるかもしれないという恐怖」により動き、精神を研ぎ澄ましたという。「だから日本の行く末がよく見えた」。

 適菜氏は本書を以下の文章で結んでいる。

 「日本人は豚になった。
  精神の豚が精神の豚を担ぎ上げ、一日一日ダメになっていった。
  豚はどう転んでも豚である。
  われわれ人間ができるのは正気を保ち、豚と距離を置くことだけだ」

 これまでの著書で適菜氏が「B層」「バカ」と呼んできたものを、三島は半世紀前に「豚」と呼んでいた訳である。確かに二人の思想には近しいものがある。

 BOOKウォッチでは、『三島由紀夫 ふたつの謎』(集英社新書)、『死の貌 三島由紀夫の真実』(論創社)、『美と共同体と東大闘争 三島由紀夫vs東大全共闘』 (角川文庫)などを紹介済みだ。



 


  • 書名 日本人は豚になる
  • サブタイトル三島由紀夫の予言
  • 監修・編集・著者名適菜収 著
  • 出版社名KKベストセラーズ
  • 出版年月日2020年11月15日
  • 定価本体1600円+税
  • 判型・ページ数四六判・224ページ
  • ISBN9784584139738

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?