本を知る。本で知る。

料理するとき、分量は大事ですよね。目と手を使って重さがわかるコツ。

 料理のレシピは、料理本やレシピサイトなどに数多く載っている。しかし、そのレシピをただ覚えるだけでは、いつまで経っても自分だけで料理を作ることは難しい。6月20日発売の『「家庭料理の手ほどき帖」ー惠津子流料理のたねあかしー』(婦人之友社)は、その悩みを解決する、料理を自分で作るための基礎をしっかりと解説した料理本。

写真は、『「家庭料理の手ほどき帖」ー惠津子流料理のたねあかしー』(婦人之友社)
写真は、『「家庭料理の手ほどき帖」ー惠津子流料理のたねあかしー』(婦人之友社)

 本書の著者は、料理研究家の本谷惠津子さん。朝日カルチャーセンターの料理講師を長年勤めた経験を持ち、『また作って! と言われる 孫ごはん』(世界文化社)や『干し野菜クッキング―ちょこっと干してうまみがぎゅっ!』(家の光協会)などの著書がある。

 本書では、見たり持ったりして重さの見当をつける「目ばかり、手ばかり」や、味をきめるための「味つけの型紙」など、どんな料理を作る際にも役立つ基礎が、写真とともに丁寧に解説されている。手早く食卓を整える「おかずのもとづくり」など、レシピも65品紹介。毎日の料理作りが楽になるテクニックが、この一冊に詰め込まれている。

写真は、『「家庭料理の手ほどき帖」ー惠津子流料理のたねあかしー』(婦人之友社)の10ページ
写真は、『「家庭料理の手ほどき帖」ー惠津子流料理のたねあかしー』(婦人之友社)の10ページ

写真は、『「家庭料理の手ほどき帖」ー惠津子流料理のたねあかしー』(婦人之友社)の11ページ
写真は、『「家庭料理の手ほどき帖」ー惠津子流料理のたねあかしー』(婦人之友社)の11ページ

写真は、『「家庭料理の手ほどき帖」ー惠津子流料理のたねあかしー』(婦人之友社)の79ページ
写真は、『「家庭料理の手ほどき帖」ー惠津子流料理のたねあかしー』(婦人之友社)の79ページ

 これから先も、ずっと役立つ料理本だ。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?