読むべき本、見逃していない?

夫婦で食費は月2万円 手早くつくれるマンガレシピ

 イラストレーター奥田けいさんは、夫とふたり暮らし。1カ月の食費は2万円と決め、締め切りと仕事に追われながらも「おいしくて」「健康的で」何より「手早くチャチャッと15分程度」でできるレシピを日々開発している。

 そんな日常とレシピをつづったコミックエッセイ『月たった2万円の帰りが遅くてもすぐ作れちゃうスピードふたりごはん』(大和書房)が5月10日に発売された。

写真は、『月たった2万円の帰りが遅くてもすぐ作れちゃうスピードふたりごはん』(大和書房)
写真は、『月たった2万円の帰りが遅くてもすぐ作れちゃうスピードふたりごはん』(大和書房)

 2人で2万円ということは、1日1人分で333円ほど。そんな節約ごはんだと肉や魚などのメイン料理はめったに食べられなさそうと思いきや、本書には「手羽トロの甘辛蒸し」「みそ漬け豚バラ炒め」「サバの和風つけめん」など、おいしそうなメニューが紹介されている。

 ほかには、切り干し大根やひじきなどの乾物を工夫して洋風にアレンジするレシピもある。帰宅後、最短15分程度で3品できるくらいの「安い、簡単、おいしい」レシピがマンガで読めるからわかりやすい。また、料理をしたあとに待っている片付けまでも時短でできるアイデアも参考になりそうだ。

 日々、節約して貯金を増やしたい人はもちろん、次のお給料までピンチ! という人にも役立つ一冊だ。以下の2枚の画像は、『月たった2万円の帰りが遅くてもすぐ作れちゃうスピードふたりごはん』(大和書房)より。

20200511futari_sub1.jpg
 
20200511futari_sub2.jpg
 

 奥田さんは1990年生まれで三重県出身。SNSで知り合った東京在住の男性と遠距離恋愛をしていたが、上京して同棲後に結婚した。お金のない新婚カップルが食費を節約しながらもおいしく食べる日常をつづった初の書籍「月たった2万円のふたりごはん」(幻冬舎、2017年)は10万部のベストセラーに。これまでに同書のマンガ版や「月たった2万円のダイエットふたりごはん」(KADOKAWA)とシリーズ化されていて、本作は4作目となる。


300_.png
写真は、『月たった2万円の帰りが遅くてもすぐ作れちゃうスピードふたりごはん』(大和書房)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?