読むべき本、見逃していない?

もう献立に迷わない 家ごもり飯が楽になる基本の10品

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外食を控えなければならなくなり、家でご飯を作る回数が増えた人は多いだろう。忙しい時にに頼りになるお惣菜やお弁当も、今はなかなか買いに行きにくい。

 そうなると、いつもよりさらに大変になってくるのが、献立を考えること。栄養バランスやいろどりなどを考えながら、マンネリ化も気にかけなければいけない。

 そんなときに役立つレシピ本が、『"ただいま"から30分でできる! いつものごはんは、きほんの10品あればいい』(小学館)。これがあれば、「何をつくるべきか」「何をつくらないべきか」もう迷わないという。

写真は、『
写真は、『"ただいま"から30分でできる! いつものごはんは、きほんの10品あればいい』(小学館)

 著者は、2010年からTwitterで「きょうの140字ごはん」を発信し続けている寿木けいさん。寿木さんの現在のフォロワー数は12万を超えている。

 本書では、寿木さんが3,000近くのレシピを考え、9年以上献立を記録するなかでたどり着いた、「おいしくて持続可能で、体に優しくて食べ飽きない」10のスタメンレシピを紹介。この10品を覚えれば、食感と味わいにメリハリが効いた、体にも優しいごはんを30分で作ることができるそうだ。もちろん、10品だけではなく、応用アイディアを駆使した「仲間レシピ」も掲載している。

 また、「30分で料理をつくるための段取り」「季節ごとの献立の組み方」「動けないとき用の緊急ストック」「調味料の選び方」「愛用の料理道具」など、料理の際に役立つ情報も満載だ。

 寿木さんは本書のあとがきで、「今日を肯定し、明日につないでくれる推進力をもつもの、それが料理なのだと思う」と語っている。明日につないでいくために、毎日の食事は疎かにしないようにしよう。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?