読むべき本、見逃していない?

お孫さんにいかが? 赤ちゃんが泣きやむ絵本「もいもい」シリーズに新刊

「ぐずっているとき、『もいもい』見せるとぴたっと泣きやみます」
「注射で泣いてしまったあかちゃんもこれを見せるとピタッと泣き止んで、ニコニコ。今まで使用したおもちゃや絵本の中で効果は断トツ」(NICU看護師)

 赤ちゃん向け絵本「もいもい」シリーズには、実際にこのような声が寄せられている。2019年12月13日に、シリーズ2作目となる、『もいもい どこどこ?』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が発売された。

20191223_moimoimain.jpg
写真は、『もいもい どこどこ?』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の表紙

 『もいもい どこどこ?』は、しかけ絵本でページの一部が切り抜かれた窓から覗いているもいもいを探すという内容。

20191223_moimoisub2.jpg
写真は、『もいもい どこどこ?』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より
20191223_moimoisub3.jpg
写真は、『もいもい どこどこ?』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より

 「もいもい」シリーズは、東京大学赤ちゃんラボと出版元のディスカヴァー・トゥエンティワンとの共同研究により生まれた「あかちゃん学絵本シリーズ」のひとつ。ほかに、『モイモイとキーリー』『うるしー』もある。

 いずれの作品も、赤ちゃんはどんな絵を長く見るかなどの実験を行ない、泣く子も見つめるようなキャラクターを見いだした。

20191223_moimoisub1.jpg
実験を重ね、泣く子も見つめるようなキャラクターを見いだした

 東京大学赤ちゃんラボの運営者で、本書の監修をしている東京大学の開一夫教授は、次のようにコメントしている。

「あかちゃんの研究をしていると、『あかちゃんって明るい色が好きなんですよね?』とか 『丸い形が好きですよね?』とかいった質問をよくされます。 しかし、あかちゃんは大人が思っているほど単純ではありません。 大人が思うあかちゃんの『好き』は、あかちゃんにとって『嫌い』かもしれません。 あかちゃん学絵本プロジェクトは 『あかちゃんの立場』を尊重して、あかちゃんが本当に『好きな』絵本を作ることがもくろみです」

 年末年始で孫に会う方は、一緒にたのしめる作品ではないだろうか。

 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?