本を知る。本で知る。

高倉健さんが最後に愛した女性、2人で暮らした17年の日々を語る

 孤高の俳優、高倉健さんが"最後に愛した女性"、小田貴月(おだ・たか)さんの初めての手記『高倉健、その愛。』(文藝春秋)が2019年10月30日に発売される。

ken.jpg
写真は、『高倉健、その愛。』(文藝春秋)

 1996年、貴月さんは、仕事で訪れた香港で偶然、健さんと出逢う。1年ほど文通が続いた後、貴月さんが仕事でイランへ出発する日、2人は急接近。貴月さんが成田行きのリムジンバスに乗ると、健さんから携帯電話に連絡が入る。

 「後ろを見て!」

 振り向くと、そこには愛車の座席から敬礼のポーズをとる、健さんの姿があった・・・。

 2人の関係は、最期を看取るまで続いた。外で会うことは一度もなし。本書を通して、誰も知らない健さんの実像が浮き彫りになる。

 BOOKウォッチでは、高倉さん関連で『高倉健や菅原文太主演のスポーツ映画の名作、覚えている?』(文藝春秋)も紹介している。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?