読むべき本、見逃していない?

「原発裁判」ではなぜ住民側が負けるのか

 東京電力福島第一原発事故をめぐり、旧経営陣3人が強制起訴された裁判について2019年9月19日、東京地裁で無罪判決が出たが、原発裁判の内情を書いた『原発に挑んだ裁判官』(朝日新聞出版)が改めて注目されている。二人の朝日新聞社記者が、原発訴訟にかかわった裁判官に粘り強く働きかけ、10数人の裁判官から話を聞き、原発訴訟の難しさ、特殊性を聞き出してまとめたものだ。

gen.jpg
写真は『原発に挑んだ裁判官』(朝日新聞出版)

 過去の原発裁判では地裁、高裁段階では住民側勝訴となった判決もあるが、最高裁で住民側を勝訴とした判決はない。なぜ、そんなことになっているのか。原発裁判を巡る特殊な事情を明かしている。6月刊。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub