読むべき本、見逃していない?

大迫選手が早くもリード、著書重版3万7000部

 大迫傑さんは、男子マラソンの日本記録保者。東京五輪のマラソンでぜひとも日本代表として出場して、メダルを獲得してほしい選手であり、それが可能な選手でもある。

 その大迫さんの著書『走って、悩んで、見つけたこと。』(文藝春秋)が2019年8月30日に発売された。あっという間に品薄になり9月3日には重版、累計発行部数は3万7000部になっている。

 大迫選手は佐久長聖高校、早稲田大学時代から活躍、いったん実業団に属したが、その後は拠点を米国に移し、ナイキ・オレゴン・プロジェクトに所属、世界のトップランナーに交じってトレーニングを続けている。日本の長距離ランナーの中では独自の道を歩む異色の人だ。

 9月15日に開催される東京オリンピック日本代表選考レースでも最有力視されているが、直前の出版で早くもリードした格好だ。

oosako.jpg
写真は『走って、悩んで、見つけたこと。』(文藝春秋)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub