本を知る。本で知る。

モラハラ夫に自覚なし。「無能」だと思っていた妻が家出した理由がわからない...

99%離婚 モラハラ夫は変わるのか

 「無能」だと思っていた妻が突然の家出。
 自分の加害を認めるのは、途方もなく苦しい――。

 2022年12月26日に発売された『99%離婚 モラハラ夫は変わるのか』(KADOKAWA)は、モラハラ夫に苦しめられる妻と、自身のモラハラを認められない夫、それぞれの苦悩を描いたマンガだ。

「『モラハラ夫は変わらない』 世間ではそう言われています。これは、変わりたいと必死でもがく一組の夫婦の物語です」
book_20221226125823.jpg

 「おれは仕事も家庭もうまくやっている」と誇りを持っていたエリート会社員・翔(しょう)。プレゼンがうまくいき、明日は久々の休みだからたまには家族サービスでも...と上機嫌で家に帰ると、そこには誰もいなかった――。

 妻の彩が家を出たのは、夫のモラハラに耐え切れないからだった。「お前ってホント無能だよね。よかったね 専業主婦になれて」「ベッドで癒してくれない? じゃあもう風俗に行けってことだな」「なにその服? もう少し体型戻さないと似合わなくない?(笑)」......。心無い言葉をたびたび浴びせてくる翔に、彩は疲弊しきっていた。

 「どういうことだ?」。一方の翔は、なぜ彩が出て行ったのか、皆目見当もつかない。自分がモラハラをして妻を傷つけている自覚が、まったくなかったのだ。しかしこの時すでに、「99%離婚」の状況。モラハラ夫が自身の加害性に気付き、夫婦関係を「再構築」できる可能性はゼロなのか。それとも――?

book_20221226131110.jpg

 原作は、自らも離婚の危機を経験し、加害者変容コミュニティを運営する中川瑛さん。漫画は、シングルマザーとして3人の子を育てる傍ら、ブロガー・漫画家として活躍する龍たまこさん。ドキドキハラハラが止まらない、思いと信念のこもったストーリーだ。

もくじ
1章:傷ついた妻&気づかぬ夫(第1~3話)
2章:突然の別居(第4、5話)
3章:変わるきっかけ(第6、7話)
4章:揺れる妻&努力する夫(第8、9話)
5章:お互いの本心(第10、11話)
6章:絶望からの加害の自覚(第12、13話)
7章:自分の弱さをさらけ出す(第14~16話)
8章:2人で、生きていける(第17話)

■龍たまこさんプロフィール
りゅう・たまこ/3人の子どもを育てるマンガ家。1981年生まれのシングルマザーで、保育士の資格を持つ。ライブドア公式ブログ「新・規格外でもいいじゃない!! ―シングルマザーたまことゆかいな子ども達―」をほぼ毎日更新中。著書に『規格外な夫婦 ~強迫症夫と元うつ病妻の非日常な日常~』(宝島社)、『母親だから当たり前? フツウの母親ってなんですか』(KADOKAWA)がある。

■中川瑛さんプロフィール
なかがわ・えい/モラハラ・DV加害者変容に取り組む当事者団体「GADHA」代表。妻との関係の危機から自身の加害性に気づき、ケアを学び変わることで、幸せな関係を築き直した経験から団体を立ち上げる。現在は加害者個人だけではなく、加害的な社会の変容にも取り組んでいる。


※画像提供:KADOKAWA


 
  • 書名 99%離婚 モラハラ夫は変わるのか
  • 監修・編集・著者名龍 たまこ 漫画、中川 瑛 原作
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2022年12月26日
  • 定価1,210円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・192ページ
  • ISBN9784046817648

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?