本を知る。本で知る。

「人間として美しくありたい」羽生結弦の表紙ふたたび。神々しすぎる......!

AERA(アエラ)2022年12月12日号

   2022年12月5日発売の「AERA(アエラ)2022年12月12日号」(朝日新聞出版)では、今年2度目となる羽生結弦選手が登場する。

   10月のAERA特別編集による『羽生結弦 飛躍の原動力』への大反響を受けて、未公開カットで表紙とグラビアを飾る。

book_20221205111243.jpg

   大好評の羽生結弦選手とAERAのコラボレーション。今回は、蜷川実花さん撮影の未公開カットを表紙とグラビアに掲載している。

   神々しさを感じさせる表紙の写真から一転、グラビアでは優雅な別衣装の姿も。美麗なグラビアとともに、最近のインタビューから羽生さんの印象的な言葉の数々が掲載されている。

「人間として美しくありたい。」
「皆さんにスケートを見ていただくそのときはまた、「自分は幸せだな」と感じられるように、今の苦しい時期を乗り越えたい。」

など、常に理想を高く持ち、表現者としてあり続けたいという羽生さんの気持ちが表れている。

太田光が抱える「言葉のジレンマ」

   巻頭特集「『言葉の力』が人生を動かす」では、言葉にかける思いを様々な立場の著名人が語る。芸人・太田光さん、フリーアナウンサー・堀井美香さん、銚子電鉄社長・竹本勝紀さん、それぞれが語る思いとは。

   太田さんは「どんなに言葉を連ねても絶対に全部は伝えきれない」場面があり、だからこそ伝えようと必死に言葉を繰り出し続ける「言葉のジレンマ」があると語る。

   最新ニュースの注目は、緊急承認された新薬「ゾコーバ」について。重症化リスクの低い軽症者に使える飲み薬で、その効果や、リスクの低い人の受診が増える懸念について、科学ジャーナリストが解説している。

   ほかにも気になる記事が満載。主な内容は以下の通りだ。

向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン
松下洸平 じゅうにんといろ 川谷絵音 3回目
イーロン・マスクのツイッター 混乱極める「公共の広場」
秋篠宮さま誕生日会見 皇族のSNS発信への道
子の「不登校」を抱え込まないで
"排除"された生徒がいる 都立高入試スピーキングテスト
内密出産撤回し自ら育てる決心したけれど続く困難
サッカーW杯 まさかの敗戦を招いた消極姿勢
スラムダンクに出会い直す
八ケ岳の麓で光熱費0円生活
大宮エリーの東大ふたり同窓会 ゲスト・小椋佳
棋承転結 森下卓九段
現代の肖像 庄司夏子・étéオーナーシェフ

※画像提供:朝日新聞出版


  • 書名 AERA(アエラ)2022年12月12日号
  • 監修・編集・著者名朝日新聞出版 編集
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2022年12月 5日
  • 定価440円(税込)
  • 判型・ページ数80ページ

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

AERAの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?