本を知る。本で知る。

3歳の息子が、ママのおならをかいで放った一言は......

3歳語辞典

 子どもの言葉は面白い。言い間違い、不思議な造語、と思ったら急に大人のような言い回し。大人が聞くとおかしかったり、ハッとさせられたり。そして、子どもが成長するとあっという間に使われなくなってしまう。

いちごのにおいがする

 きみはいつもママがおならをすると「いちごのにおいがする」とすかさずフォローした。息子よ、無理するな。

 コピーライターの101(ひゃくいち)さんがInstagramに投稿している、現在5歳の息子の語録「ちちのうた」が話題だ。Instagramながら文字だけの画像で構成され、101さんは漫画ならぬ「漫文」と名づけている。その名の通り、漫画のように手軽かつオチがあり、どれもクスリと笑ってしまう。

 101さんの息子が3歳のときの語録をまとめた書籍、『3歳語辞典』(小学館集英社プロダクション)が発売された。


鼻をほじってたらすごい大きな鼻くそが出てきたの

 まず、きみがはじめて完璧な文法で言ってのけた長文がこれだ。
ちばうよ

 残念ながらきみには今年もパパイヤ期があった。そんなときに父が「このおもちゃはパパに買ってもらったんじゃなかったっけ?」とためしにからかうと、きみは「ちばうよ(ちがうよ)」と怒りながら「自分が」買ってもらったのだと言いはった。論破。
ちゃんと気をつけないと

 散らかしたままのおもちゃのネジを踏んで悶絶する父が「ちゃんと片づけないと」ときみに言うよりもはやく「ちゃんと気をつけないと」ときみが怒った。またしても論破。
ヘリポート!

 きみはおじいちゃん(義父)の頭のてっぺんにある空白にヘリコプターのおもちゃを置いて「ヘリポート!」と叫んだ。絶対に笑ってはいけない。

 3歳児ワールド全開のエピソードに、101さんのコメントが秀逸だ。子育ての合間に読めば、笑って気持ちがほぐれて、我が子の成長もいとおしくなること間違いなし。

 アルバムの写真には残らない、子どもの「言葉」のすばらしさが詰まった一冊だ。


■101さんプロフィール
ひゃくいち/コピーライター。コンセプター。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、オトナの会社や中国現地法人の支社長など10年で10職以上を流転したのち、第52回宣伝会議賞グランプリを受賞。もうすこし生きてみることに。東京や大阪の制作会社を経て独立。妻と息子との日々を言葉だけで綴る「漫画」ならぬ「漫文」を『ちちのうた』としてInstagramで更新するほか、東京・小平市に『よくわからない店』をオープンし、よくわからない品を販売している。


※画像提供:小学館集英社プロダクション


 
  • 書名 3歳語辞典
  • 監修・編集・著者名101 著
  • 出版社名小学館集英社プロダクション
  • 出版年月日2022年11月25日
  • 定価1,320円(税込)
  • 判型・ページ数B6判・144ページ
  • ISBN9784796873086

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

エッセイの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?