本を知る。本で知る。

こんなに美しいミトン、見たことある? ラトビアの手仕事の世界

ラトビアのミトン200

   モダンでおしゃれ。それでいてどこか懐かしさを感じさせるラトビアのミトン。先がとんがっているのが特徴的だ。

book_20221107130727.jpg

   11月14日に発売された『ラトビアのミトン200』(誠文堂新光社)は、ラトビアの編み物名人によるミトンを紹介する写真集。掲載数は200組、240ページの見ごたえある超大作だ。

book_20221107130744.jpg

   豊かな色合い、創造性に富んだデザイン、高い技術。ラトビアのミトンは実用的な防寒具としてだけでなく、冠婚葬祭などでの贈り物や記念品として特別な役割を果たしてきた。

book_20221107130803.jpg

   編み込まれているのは、この国の美しい自然と伝統的な神様の文様。そこにはラトビア人の誇りと世界観が詰まっている。

book_20221107130821.jpg

book_20221107130837.jpg

   ページを彩るラトビアの美しい風景とともに、素晴らしい手仕事の世界を楽しめる。ミトンを通して見えてくる伝統と文化、繊細な手作業の世界を堪能しよう。

■LIEPA(リエパ)

編集者/中田早苗、フォトグラファー/蜂巣文香、ラトビア雑貨専門店「SUBARU」オーナー/溝口明子によるエディトリアルトリオ


  • 書名 ラトビアのミトン200
  • 監修・編集・著者名LIEPA 著
  • 出版社名誠文堂新光社
  • 出版年月日2022年11月14日
  • 定価3,740円(税込)
  • ISBN9784416622117

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

写真集の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?