本を知る。本で知る。

1冊つくるのに2年! 不思議でかわいいジオラマの世界で"さがしもの"を見つけよう。

どこ? ほんの なかの さがしもの

   かわいらしいジオラマの世界からさがしものを見つけ出す絵本「どこ?」は、累計74万部超の大人気シリーズだ。1つのジオラマを作るのに約2か月、1冊できるまでには2年近くかかるという。

book_20220920150618.jpg

   2003年に第1作の『どこ? つきよの ばんの さがしもの』が刊行されてから長く愛され、この度、10作目の『どこ? ほんの なかの さがしもの』(講談社)ができあがった。2022年9月16日より発売されている。

   空へと続く階段、大きな本の扉、おもちゃのようなお城、キノコの形をした家、翼を持つペガサス...。「どこ?」シリーズには幻想的なジオラマが登場するが、すべてひとりの造形作家・山形明美さんによって制作されたものだ。粘土や布、発泡スチロールなどの材料を用いて、1つ1つ丁寧に作られている。

book_20220920150643.jpg

book_20220920150706.jpg

   最新作は、「えほんのなかを旅する」がテーマで、森や空、水の中、恐竜の住む古代などさまざまな不思議な本の世界を巡っていく。

   本シリーズは、3歳から大人までの幅広い年代が対象とされている。見つけるのはもちろん、物語を読み進めても楽しめる絵本だ。ぜひ、家族でワイワイと本を囲もう。

■山形明美さんプロフィール
静岡県生まれ。造形作家。
幼児雑誌や絵本などの、人形やジオラマ製作を手がけている。本書は、『どこ? つきよの ばんの さがしもの』『どこ? もりの なかの さがしもの』『どこ? とびらの むこうの さがしもの』『どこ? ふしぎな まちの さがしもの』『どこ? ながい たびの さがしもの』『どこ? めいろで さがしもの』『どこ? どうぶつたちと さがしもの』『どこ? クリスマスのさがしもの』『どこ? パーティーの さがしもの』の続編にあたる。


※画像提供:講談社


 
  • 書名 どこ? ほんの なかの さがしもの
  • 監修・編集・著者名山形明美 著
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2022年9月16日
  • 定価1540円(税込)
  • 判型・ページ数A4変型判、23ページ
  • ISBN9784065201862

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?