本を知る。本で知る。

顔が溶けてる...? 49歳で脳卒中になった患者の実体験がマンガに。

マンガでわかるリアル「脳卒中」患者と家族を支えるヒント

   「脳卒中の人には世界がどう見えているのか」が当事者の語りを通して、マンガになった。医療ではサポートしきれない部分を支えるヒントがたくさん詰まった作品だ。

book_20220916154235.jpg

   2022年8月26日発売の『マンガでわかるリアル「脳卒中」患者と家族を支えるヒント』(主婦と生活社)は、患者、家族、医師、理学療法士など、関係者に丹念に取材を行い制作された。

book_20220916154254.jpg

   脳卒中は日本人の死因の第4位にあたる病気で介護が必要な状態になる確率も高い。にもかかわらず、疾病体験者やリハビリをサポートする家族の実態に関する情報が少ないことが課題だ。

「脳卒中になったら、体はどうなってしまうの?」「治療は?」「後遺症は?」「リハビリは?」「家族やまわりの人は何をすれば?」「これからの生活はどうする?」

   本書では、気になる疑問をマンガで紹介していく。

book_20220916154323.jpg

book_20220916154340.jpg

book_20220916154355.jpg

book_20220916154414.jpg

book_20220916154430.jpg

book_20220916154448.jpg

   「今、生き直している」と語る当事者の言葉は深い。脳卒中の患者をサポートする家族の方にこそ読んでもらいたい作品だ。

〈もくじ〉
Part1 脳卒中になってしまったら
Part2 脳卒中の治療と入院生活
Part3 後遺症の現実とリハビリの実態
Part4 再発させないためにできること
Part5 まわりの支える人ができること

※画像提供:主婦と生活社

 
  • 書名 マンガでわかるリアル「脳卒中」患者と家族を支えるヒント
  • 監修・編集・著者名高木誠 監修、上田惣子 著
  • 出版社名主婦と生活社
  • 定価1540円(税込)
  • 判型・ページ数152ページ
  • ISBN9784391157277

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?