本を知る。本で知る。

日本SFの金字塔! 萩尾望都『百億の昼と千億の夜』が完全版で復活

百億の昼と千億の夜 完全版

 アメリカのマンガ賞であるアイズナー賞で、コミックの殿堂(The Comic Industry's Hall of Fame)を受賞し話題となった萩尾望都さんのSF作品の中でも想像力の限界を突き破った名作『百億の昼と千億の夜』が完全版となって復活した。

book_20220803150052.jpg

 本作は、SF作家の光瀬龍さんが原作を担当した壮大なSF作品を、萩尾望都さんがマンガ化したもの。日本SFの金字塔と言っても過言ではないほどに、当時から現代に至るまで多くの人々の心を照らし続けた作品だ。

book_20220803150107.jpg

book_20220803150120.jpg

 マンガ版は、1977年より「週刊少年チャンピオン」で連載が開始され、萩尾さんが少年誌に登場したことで当時のファンを驚かせた。あれから45年が経った今もなお、色褪せることなく、読まれ続けている。

 今回は、完全版スペシャル特典として、雑誌掲載時の2色ページを完全に再現している。

book_20220803150136.jpg

 また、カバー絵、雑誌の表紙用カット、ポスター用イラストなど、16ページにわたるイラストギャラリーも見どころだ。

book_20220803150152.jpg
カラーイラストギャラリー16ページ

 他にも、完全版の名にふさわしい下記のトピックも注目だ。

●貴重なエッセイ5本●
・光瀬龍/1978年執筆 「孤独と情念の子・萩尾望都」
・光瀬龍/1984年執筆 「稀有の才能」
・光瀬龍/1984年執筆 「百億の昼と千億の夜」
・萩尾望都/1984年執筆 「イマジネーションの海である百億と千億」
・萩尾望都/2009年執筆 「阿修羅像の問いかけ」

●初公開を含むイメージスケッチ●
萩尾望都のスケッチブックより、キャラクター設定、プロットなど多数掲載。

●「萩尾望都に聞く SF100の質問」●
本書のために萩尾望都が「SFに関する100のディープな質問」に回答!

●関連年表●
『百億の昼と千億の夜』にまつわる年表を掲載。初出などの資料も大充実。
book_20220803150235.jpg
目次

 史実と空想を織り交ぜた、空前絶後のスケール感で語られる宇宙の物語。萩尾さんの美麗な絵と共に、楽しんで。

■萩尾望都(はぎお もと)さんプロフィール

漫画家。1976年『ポーの一族』『11人いる!』で小学館漫画賞、2006年『バルバラ異界』で日本SF大賞、2012年に少女漫画家として初の紫綬褒章、2017年朝日賞など受賞歴多数。

■光瀬龍(みつせ りゅう)さんプロフィール

小説家。SF作品を多数発表し、中でも『百億の昼と千億の夜』『喪われた都市の記録』などの長編は、東洋的無常観を基調にした壮大なスケールの宇宙叙事詩として高い評価を得た。1999年逝去。

※画像提供:河出書房新社


  • 書名 百億の昼と千億の夜 完全版
  • 監修・編集・著者名萩尾望都 著/光瀬 龍 原作
  • 出版社名河出書房新社
  • 出版年月日2022年7月20日
  • 定価2,750円(税込)
  • ISBN9784309292076

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

復刻版の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?