本を知る。本で知る。

城下町の風情を堪能できる、金沢の古民家カフェ39軒

金沢 古民家カフェ日和

 東京、京都の次に行きたい「古民家カフェ」は――?

 川口葉子さんの「古民家カフェ日和」シリーズ待望の第3弾は、金沢だ。前作の京都編では〈京都ガイド本大賞 2021〉リピーター賞を受賞して話題に。風情のある街並みにとけ込む古民家カフェは、味わいがある。

book_20220801122217.jpg

book_20220801122235.jpg

 2022年7月30日に『金沢 古民家カフェ日和』(世界文化社)が発売された。本書では、人気観光地・金沢の古民家カフェと、それを受け継ぐ店主の物語を39軒紹介。築50年以上の建物のかつての姿が色濃く残るカフェから、現代的に生まれ変わったカフェまで、様々だ。

「波結」(ひがし茶屋街)

book_20220801122250.jpg

 元は芸妓さん愛用の美容室で、茶屋街を一望できる「波結(はゆわ)」。店名の「波」はパーマのウェーブを、「結」は髪結いを意味しているという。半世紀以上にわたって茶屋町の人々の生活と共にあった美容室の記憶が店名に刻まれている。

「FUZON KAGA Cafe and Studio」(加賀市)

book_20220801122304.jpg

 築80年の魚市場を、カフェと漆芸作家の工房に再生した「FUZON KAGA Cafe and Studio」。店内はバリアフリーで、コーヒースタンドは自転車で乗り付けられるように、リノベーションをしたそう。

「古鶴堂」(白山市)

book_20220801122318.jpg

 ひと月に数日だけ開かれる自家焙煎珈琲と小道具の店。メニューはスペシャルティコーヒー2種類と自家製シロップのドリンク2種類だけ。スイーツは持ち込み自由というのんびりしたスタイルも素敵だ。

 本書の目次は以下の通り。

第1章 伝統文化と"いま"が出会う空間
第2章 お茶屋街の粋
第3章 うるはしきもの、めでたきわざ
第4章 自然に抱かれて暮らす

 金沢市内だけでなく、第4章は加賀市、白山市など、金沢からの小旅行編として楽しめる。カフェ巡りはもちろん、観光に疲れたら寄ってみるのも良さそうだ。金沢旅行のお供にいかが?


※画像提供:世界文化社


  • 書名 金沢 古民家カフェ日和
  • サブタイトル城下町の面影をたどる39軒
  • 監修・編集・著者名川口葉子 著
  • 出版社名世界文化社
  • 出版年月日2022年7月30日
  • 定価1650円(税込)
  • 判型・ページ数四六判、144ページ
  • ISBN9784418222117

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?