本を知る。本で知る。

「依存度大な人に結婚は...」悩める女性に、毒舌ぶっとび尼が喝!

だから、あなたは愛されないの。

   家庭崩壊、一家離散、高級ソープ嬢、離婚、再婚、出家を経て、現在は二児の母。波乱万丈の人生を乗り越えてきた野寄覚令(のよりかくりょう)さんは、現役の尼僧だ。そんな野寄さんが、女性を中心に受けてきた相談は1万件超。どんな相談にも同情・同調せずに、淡々と、時には手厳しく回答している。

book_20220729121648.jpg

   毒舌だけれど愛のあるアドバイスが人気を呼び、現在ではインスタグラムのフォロワー数は3.8万人、子育て世代向けの有料オンラインサロンのメンバーは700人に上る。このたび、彼女が受けてきた人生相談と回答が厳選された著書『だから、あなたは愛されないの。』(光文社)が発売された。発売後すぐに増刷され、話題となっている。

book_20220729121632.jpg

   野寄さんの愛の鞭は、たとえばこんな具合だ。

Q.「友だちとか妹って感じがする」と言ってフラれました。女として見てもらうためにできることはありますか?
A.「友だち」「妹」とはつまり、生理的に無理→ヤレません......という意味だと受け止めるところからスタートなのですが、大丈夫ですか? 生きていますか?

Q.外見よりも中身を好きになってもらうにはどうしたらいいですか?
A.本音で語ると身も蓋もなさすぎるのですが、ガチで言うと、内面に好きになるところがない可能性が高いです。
中身もちゃんと見てると思いますよ。
その上で惚れられてないだけです。

Q.婚活頑張っていますが、なかなか好きな人が見つかりません。このまま一人の老後かと思うと不安です
A.好きな人が見つかって結婚=老後の不安解消ではありまへん。
仮に結婚できたとしても、今のままのあなただと5年以内に離婚か、「こんなはずじゃなかった......」と、ずっと文句言いながら結婚生活を続け、挙げ句の果てに、老後独りの不安が嫌だったにもかかわらず、「旦那ウザいから早く◯んでくれ!」とか思ってそう。
乗っかる気満々の依存度大な人に、結婚は向きませんよ。
book_20220729121708.jpg

   野寄さんは、「この本は、人生という海で溺れるあなたが、最後につかむ藁であり、私はその踏み台です。」と言う。

   その理由はというと......。

「あなたがどれだけイマイチでも、鈍臭くても、美人でも、ブスでも、育った家庭がヤバ目でも、性格破綻者でも、社会的成功者でも、墓場まで持っていく覚悟のやらかした過去があろうとて、私は心の底からそんなことはどうでもいいと思っているからです。」

   1987年、長崎県生まれの野寄さんは、幼少期から不仲な両親の暴言や殴り合いを間近に見て育ったことから、5歳にして「男女とは......」を考え始めたという。その後、一家離散し、十代で自分の力で生きていかなければいけなくなった。水商売でなんとか生計を立て、「ジャンルとしても最後の砦である、例のあの泡泡ランド」に所属していたこともある。

   高級風俗嬢や風俗店運営をし、20歳で結婚するも、23歳で離婚。「まともに」生きていくために、一般企業に勤めたり、さまざまなビジネスにチャレンジしたりと模索する中で師僧と出会った。そして、四柱推命や易、様々な占術による運命鑑定を学び、この世は目には見えない大きな力によって動かされていることを知る。

   その後、真理を追究するために出家。現在は再婚をして、2歳の女の子と1歳の男の子の母でありながら、「毒舌ぶっとび尼」として活躍している。

book_20220729121742.jpg

   自らを「カオス大学主席」と言う野寄さん。「ゆえにあなたの不幸という不協和音に一切の感情移入もせず、淡々と幸せという方向性にベクトルを調律しようと思っています」と綴られているとおり、本書での回答は相談者が見えていない部分に切り込んでいく。切実な悩みに真剣に向き合っているからこそ、多くの女性の支持を集めるのだろう。

   本質をつかれてぐうの音もでないが、逃げようとしていた現実と向き合い、自力で立ち上がろうというきっかけになる。本書を読めば、あなたのモヤモヤした悩みもぶっとぶかも。


※画像提供:光文社


 
  • 書名 だから、あなたは愛されないの。
  • 監修・編集・著者名野寄覚令 著
  • 出版社名光文社
  • 出版年月日2022年7月21日
  • 定価1540円(税込)
  • 判型・ページ数256ページ
  • ISBN9784334953201

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

恋愛の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?