本を知る。本で知る。

こんな言葉がほしかった。40代、50代の自分をもっと好きになるために。

“一生美人”力

 40代、50代。「もうこんな歳だし」と、年齢を理由に自分で自分にブレーキをかけることもしばしば......。そんな女性たちに、いまが「人生第二部」の始まりと知ってほしくて、この1冊を紹介する。

 本書『"一生美人"力 セカンドステージ――63の気づき』(朝日新聞出版)は、美容ジャーナリスト・齋藤薫さんが「セカンドステージの、軽やかなはじめかた」を伝授したもの。

 「『小綺麗』を侮らない。今一番美しいのは、"こざっぱり"のオーラ」「人生の前半は、宿命が作る。でも人生の後半は、自分の意志で作る――そういう自覚を今、持つこと」など、外見も中身も"一生美人"であるための63のヒントを収録。

 前回は「外見編」を見てきた。今回は「中身編」として、今の自分をもっと好きになる珠玉の言葉を見ていこう。

その先に、ずっと人生が続いていく

 まずはこちら。

 「まず、人生には"後半"があること。『セカンドステージ』が待っていることを、歳を重ねる自分に教えたい」

 20年以上前、53歳で早期退職してアメリカに留学した女性のケースを紹介している。

 その歳でゼロから事を起こすエネルギーに感服したが、その後、彼女から届いた10歳年下のアメリカ人との結婚報告には驚いたという著者。無理するでも卑下するでもなく、彼女は「年齢に対しての意識がとことんナチュラル」としている。

 人生を「本編」と「余生」に分けるのはおかしい。そうではなく、人生の「第二部」「後編」「セカンドステージ」を生きている、という感覚を持つべきだという。第一部が終わり、ここからさらに濃い第二部が始まると思うと、たしかに心が躍る。

 「人生の要所要所で、その先に、ずっと人生が続いていくと思うこと。それが、人生を切り開く絶対のコツなのである。だから、セカンドステージは人生後半に入っていくうえでの"おまじない"のようなものなのだ」

"旬"はこれからかもしれない

 続いてこちら。

 「人生、女として良い時も悪い時もある。だから"旬の時代"をこれから迎えるかもしれない人々へ!」

 "女としての評価"は年齢とともに下がっていくと思っている女性は多いが、人にはそれぞれ"旬の年齢"があり、それが40を過ぎてからやってくるケースも少なくないという。

 たとえば、ハリウッドでも日本の映画界でも、"美人女優"の看板を張ってきた人には「40歳定年説」がうごめいていたのだとか。それが現代では、ハリウッドで主役を張る女優の多くが40代から60代。そして"ヒロインはいつも美人"ということもなくなり、「40歳定年説」はいつの間にか消滅したという。

 「若い頃は......」と過去にすがりついたり、いまだに"不発な感じ"を持ち続けていたりするなら、40代、50代での逆転を狙っていこう。

 「女は歳を重ねてから"もう一度"、あるいは"初めて"、花開くチャンスが回ってくるんだということを、自覚しておくべき。ひょっとしたら、あなたにとっての"旬の年齢"も、まだきていなくて、これから人生のピークを迎える人なのかもしれないから」
book_20220719095908.jpg

 こんな言葉がほしかった。下り坂、中年......などと思っていたが、今の自分にどんなイメージを持つかは自分次第。「もうこんな歳だし」という考え方から解放されて、外見も中身も"一生美人"に近づきたいものだ。

 本書は、大きな反響を呼んだ『"一生美人"力 人生の質が高まる108の気づき』(2015年)に続く、待望の第2弾。朝日新聞「ボンマルシェ」の連載「美しい歳の重ね方」(2015年8月~2022年2月)、月刊誌「ミセス」の連載「セカンドステージ」(2016年1月~2020年6月)の一部に加筆・修正したもの。


■齋藤薫さんプロフィール

 美容ジャーナリスト/エッセイスト。女性誌編集者を経て現在、女性ファッション誌やネット媒体などに多数の連載エッセーをもつ。そのほか美容記事の企画、化粧品開発アドバイザーを務めるなど幅広く活躍中。エッセーでは、美容、ファッションカルチャーはもちろん、女性の生き方をリードする切れ味鋭い語り口の文章が「一歩前に進めるよう、背中を押してくれる」など、多くの読者から支持を集めている。代表作『されど"服"で人生は変わる』(講談社)、『美人だけが知っている100の秘密』(角川春樹事務所)をはじめ、著書多数。


※画像提供:朝日新聞出版


 
  • 書名 “一生美人”力
  • サブタイトルセカンドステージ――63の気づき
  • 監修・編集・著者名齋藤 薫 著
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2022年6月30日
  • 定価1,540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・240ページ
  • ISBN9784022518279

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?