本を知る。本で知る。

横断歩道の白線またげない人は要注意! 不調を改善する「歩幅」は何センチ?

歩くだけで効く!おさんぽ整体

   コロナ禍での運動不足を解消するために散歩やウォーキングをするなら、整体のテクニックを取り入れて「何となく不調」までカバーできたら一石二鳥だ。歩きながら肩こりや腰痛などの不調を解消するメソッドを教えてくれる『歩くだけで効く!おさんぽ整体』(三笠書房)が発売された。

   著者は、猫背矯正マイスター(R)の小林篤史さん。多くの人が小股で歩いていることが気になっているという。あなたは、どうだろう?

book_20220602150405.jpg
画像は『歩くだけで効く!おさんぽ整体』表紙(三笠書房提供)

   本書では、たった3分工夫して歩くだけで、腰痛や肩こりなどの不調、そして女性が気になる"ぽっこりお腹"に効く方法を紹介している。

現代人に多発!実は危険な「アヒル歩き」「ヒヨコ歩き」「原人歩き」

   小林さんが気になっている現代人の歩き方は、お尻を左右にふりながら歩く「アヒル歩き」、チョコチョコ・ペタペタと歩く「ヒヨコ歩き」、背中を丸めて歩く「原人歩き」などで、きれいな姿勢で歩く人のほうが少ないと感じている。これらの歩き方は、不格好に見えるだけでなく不調の原因になっていると指摘。

   歩幅が狭いと股関節周りの筋肉が固まってしまい、大殿筋やハムストリングなどといった大きな筋肉の動きが阻害される。効率よく歩くには、この大きい筋肉を使うことがポイントになるが、歩幅が狭くなるとこの部分が動かなくなり、さまざまな股関節痛、腰痛などの不調につながりやすいという。

book_20220602150453.jpg
著者の小林篤史さん

横断歩道の白線をまたげない人は黄色信号!

book_20220602150511.jpg
横断歩道の白線をまたげない方は要注意(画像/三笠書房提供)

   歩行時の人の歩幅の平均は「身長×0.45」といわれており、155cmの人なら約70㎝(つま先から爪先までの長さ)になる。外では、自分の歩幅を測る指標として便利なのが横断歩道の白線だ。この白線の幅は45㎝と決められている。何も考えずいつもの歩き方で白線をまたぐことができれば、まずは合格。最低でもこの歩幅で普通に歩けると、体の不調はかなり改善できるはず。

   逆に、白線をまたぐことができない、できたとしてもいつもの歩き方より辛く感じる人は要注意だ。筋肉が衰えて歩幅の小さい歩き方が習慣となってしまっている。骨盤や股関節の動きを助ける筋肉であるハムストリングが硬くなっているそうだ。ここが固まると他の部分への負担が蓄積し、腰痛を起こしたり、ケガをしやすくなったりする。その場合は、「あと5cm」前へ足を踏み出す意識が大切だ。

たった3分歩くだけの「おさんぽ整体」

   「おさんぽ整体」は、歩きながら行うセルフ整体だ。姿勢矯正のポイントになる体の要、骨盤を立てた美しい歩き方を体に覚えさせることで、普段使っていない筋肉を刺激し、姿勢を整え体を変えていくことができる。次の3STEPで行う。

STEP1 おしり押さえウォーク(1分)
おしりに両手のひらをあてて1分間歩く。このとき、「骨盤を立てる」ことをイメージする。手のひらを当てて歩くと、おしりの筋肉の動きを感じることができ、大殿筋が鍛えられ、シェイプアップ効果も期待できる。

STEP2 おなか押さえウォーク(1分)
両手を下腹部にあてて1分間歩く。ポッコリおなかが気になる人は、膨らんだおなかを押し込む意識で行う。こうして1分歩くと、自分が今までいかに腹筋を使っていなかったかがわかる。
STEP1と2で、「骨盤を立てて歩くこと」を体に覚えさせる。

STEP3 だら~んウォーク(1分)
最後の1分間は、体の力を抜いて歩く。STEP1と2では、肩が張るなど肩周辺にストレスがたまるので、このストレスを解消するのが目的。できるだけ肩の力を抜いて「だら~ん」と、「大股」で歩く。

   おさんぽ整体で、骨盤をまっすぐ立てて歩くと、体調は良くなり、呼吸も深くなる。その結果、血流も改善され、顔色も良くなるという、いいことずくめ!

おさんぽ整体のメリット
・肩こり、腰痛などの不調が解消される
・猫背、巻き肩が解消される
・ぽっこりおなかがすっきりする
・代謝がよくなり痩せやすくなる
・ヒップアップできる

   まずは、家の中でやってみてコツを掴んだら、外でおさんぽ整体をぜひやってみよう。

■小林篤史さんプロフィール
1975年、神奈川県横浜市出身。宮前まちの整骨院代表、猫背矯正マイスター(R)、フィジカルデータインテグレーション研究所所長、スカッと整体創始者。柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師。高校時代にプロ野球選手を目指すも、度重なるケガや腰痛など、体調不良により挫折。その悔しさから日本大学文理学部体育学科に入学し、トレーニング理論、機能解剖学などを研究。2006年に宮前まちの整骨院開院。2020年にスカッと整体開院。独自に考案した施術が「持続するねこ背治療」としてメディアでも話題に。ねこ背、肩こり、腰痛など、長年苦しんだ不調も改善すると、小学生から高齢者まで相談があとを絶たない。現在、「健康をより簡単に手に入れる」をコンセプトに、どこでも誰でも手軽にできるストレッチなどの考案、健康商品の開発にも力を注いでいる。著書も好評で、『ねこ背は10秒で治せる! 』『一生曲がらない背骨をつくる 姿勢の教科書』(マキノ出版)、『ねこ背が治る! 寝たまま「耳ピタ」ポーズ』(KADOKAWA)など、著書累計は19万部を突破。


※画像提供:三笠書房

 
  • 書名 歩くだけで効く!おさんぽ整体
  • 監修・編集・著者名小林 篤史 著
  • 出版社名三笠書房
  • 出版年月日2022年5月26日
  • 定価1430円(税込)
  • 判型・ページ数144ページ
  • ISBN9784837928973

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?