本を知る。本で知る。

本物の恋じゃないのに......偽装から始まるヒミツの関係描いた恋愛マンガ3選

契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~

 本当はそうじゃないのに、何らかの目的のために夫婦(恋人)のふりをする二人。最初はただの契約だったのに、だんだん関係が変わり、偽物だった恋が本物に――という展開は、今や恋愛マンガの王道の一つ。今回は、そんな「契約カップル」を描いた作品を紹介する。

クール王子×イノシシ女子のハイテンションラブコメ

 最初に紹介するのは、『秋にヒミツの恋をする』(栗山優弥)だ。

book_20220509111553.jpg
『秋にヒミツの恋をする』(栗山優弥)

 考えるよりも先に行動してしまう "イノシシタイプ"の女子高生・楓は、恋に憧れながらも、まだ恋がよくわからないことに悩む日々を送っていた。周りの友達には、もうみんな彼氏がいるのに――。そんなある日、楓は偶然クールだけど優しい学校の王子様・秋人の秘密を知ってしまう。それをきっかけに、秋人に対し「もっと相手のことを知りたい」という気持ちが芽生えた楓は、この気持ちこそが本当の恋なのではないかと思い、「秘密を守る代わりに私と付き合って!」と "契約恋人"となることを提案する。本当の恋は手に入るのか?

契約婚から始まるピュアラブストーリー

 続いておススメするのは『契約婚でも愛は芽生えますか?』(花篠ゆの)。

book_20220509185242.jpg
『契約婚でも愛は芽生えますか?』(花篠ゆの)

 紫之宮椋。高く評価される経営手腕と柔らかな物腰で海外でも名を轟かす、紫之宮グループの次期社長。そして、そんな彼に溺愛されている幸せな妻――。それが、わたしたち仮面夫婦の設定だ。親の会社の都合で、恋愛感情なく結婚した二人。仕事第一の椋は、ほとんど家に帰ってこず、二人きりになると必要最低限しか会話しない。「もう少し歩み寄りたいと思うのはおかしいかな......」と、めげずに歩み寄ろうとする紗和。実は、椋も気持ちは同じで――!?



若隠居男子と訳アリ女子の厄介な結婚生活

 最後に紹介するのは、『契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~』(作:白川紺子、イラスト:わみず)だ。

book_20220509115237.jpg
『契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~』(作:白川紺子、イラスト:わみず)


   寿町四丁目にある、椿の花が咲きこぼれる素晴らしい家――通称〈椿屋敷〉。そこに住み、若くして隠居暮らしをしているため、若隠居と呼ばれている柊一と、そんな彼のもとに嫁いできた十九歳の香澄。一見仲睦まじい新婚夫婦に見える二人は、実は利害の一致から結婚した、偽装夫婦だった。町の相談役である柊一のもとには、たびたび近所から相談が持ち込まれるのだが――。怪しい結婚生活を、二人の住む「家」から読む異色の推理モノ。



 いずれも、「契約カップル」のややこしい恋愛を描いた名作揃い。「契約だから......」と進展しない恋模様に、ちょうどいいもどかしさを感じよう。


  • 書名 契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~
  • 監修・編集・著者名作:白川紺子、イラスト:わみず
  • 出版社名集英社
  • 出版年月日2017年5月19日
  • 定価627円(税込)
  • 判型・ページ数文庫判、288ページ
  • ISBN9784086801317

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?