本を知る。本で知る。

年齢は目もとに表れる。「美ST」6月号が「老けまぶた解消美容」を特集

美ST6月号

 口元のシワやほうれい線はマスクで隠れるが、目もとのシワやたるみは隠しようもない。むしろ見えている部分に視線が集中するので、気が抜けない部位だ。若いころはチャームポイントだったのが、コンプレックスに変わったのはいつからだろう......。

 『美ST』6月号(光文社)は、そんなアラフォー・アラフィフ世代の「目もと」の悩み、とくに「まぶた」にフォーカスをあてた特集を組んでいる。

book_20220415223213.jpg

 目もとは人の印象をもっとも左右する部分でありながら、エイジングサインも出やすい部分。だからこそ、手をかけた分だけ確実に若返るという。特集では、シワやクマ、たるみ、くぼみ、目袋、ちんまり目と、タイプ別・全方位でアプローチを紹介している。

 表紙を飾るのは、涼やかな目もとが美しい吉瀬美智子さん。47歳で2児の母とは思えない抜群のスタイルと滑らかな美肌は、同世代の女性たちの憧れの的だ。
 誌面では、「シングルマザーで明るく生きる!多くの女性の勇気になれたら――」をテーマに、吉瀬さんにインタビュー。離婚という大きな決断を経て、確かな一歩を踏み出した今の心境を晴れやかな表情でありのままに語っている。母として女として、意志を持って選び取った再出発の軌跡とは。美しい写真にも注目だ。

 さらに、「美魔・女優」企画では40代代表として松雪泰子さんが、50代代表として沢口靖子さんが登場。変わらぬ美しさをキープし続ける2人が大切にしていることに迫った。

ラグジュアリーブランドのコスメが付録に

 付録も豪華だ。本誌と増刊で共通の3大付録は以下の通り。

1.コスメデコルテの最新ファンデ「ゼン ウェア フルイド」(N31とN34の2色が1包ずつ)。超薄膜でピタッと肌に密着し、カバーも叶えてくれるファンデをいち早く試すことができる。

2.「別冊ボーテデラボBOOK」。女優御用達のリアムール、リアボーテなどの人気化粧品ブランドを持つボーテデラボと美STのコラボで完成した、究極のCCクリーム。

3.「リジュアップエッセンス」。NMNとヒト幹細胞配合で、塗って瞬間リフトアップを叶えてくれる美容液1回分

 上記の3品に加え、本誌ではさらに、「ELEMISのクレンジングバーム」も付録に。世界中のラグジュアリーホテルやスパで愛されるイギリス発のスキンケアブランドの、ベストセラークレンジングバーム2種が1回分ずつついてくる

 他にも、今知っておくべき美容ネタがすべてわかる「今、天最高!な美容の流行HOT43」企画や、「モデル・美香ビューティー」企画、「一生ボケない脳」企画など、気になるコンテンツが盛りだくさん。美しく、健やかでありたいという気持ちを全力で応援してくれる。


※画像提供:光文社

 
  • 書名 美ST6月号
  • 出版社名光文社
  • 出版年月日2022年4月14日
  • 定価通常版900円、増刊号880円(ともに税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ファッション・コスメの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?