本を知る。本で知る。

リモートワークで「痔のスパイラル」に。おしりに異変を感じたらまずやることとは?

マンガでわかる痔の治し方

 トイレのたびに出血する、かゆみや便秘が慢性化している...。そんなおしりトラブルを抱えていながら、「医者に行くのが恥ずかしい」「手術されるのはこわい」と、見て見ぬふりをしていないだろうか。

 人になかなか言えないけれども痛くて苦しい「痔」。実は生活習慣病のひとつで、毎日の生活を変えていけば改善されることも多いという。

book_20220318113923.jpg

 『マンガでわかる痔の治し方』(小学館集英社プロダクション)は、自分で痔を治す方法を30分で読めるように全篇マンガで構成されている。

 著者は肛門科医の平田雅彦さんと漫画家のヒヅメさん。ヒヅメさんは痔の手術経験があり、いまも再発におびえているという。本書では、これまでに40万人以上を診てきた平田医師が、痔の予防習慣や症状の改善方法をマンガでわかりやすく解説。ヒヅメさんの闘病経験も紹介しつつ、今から取り組みたい改善ポイントも紹介している。

「切れ痔」は怪我ではない

book_20220318113937.jpg

 「痔」とは、肛門の病気の総称で、切れ痔、いぼ痔、あな痔があり、肛門が炎症を起こして粘膜が弱ったり、支持組織が弱ったりするのが原因だ。切れ痔は「怪我」と誤解されがちだが、実は何らかの理由で肛門の粘膜が炎症を起こし、そこに便が何度も通過することで傷つけてしまうのだという。治すには、粘膜の状態や便の状態を良くする生活習慣の改善が必要だ。

book_20220318113952.jpg

 リモートワークで座りっぱなしの時間が増えたり、仕事が忙しくてストレスが多かったり、心身に負担がかかると肛門は炎症を起こしやすくなる。すると痔が悪化し、さらに生活の質を下げていく......。それが繰り返されると、「痔のスパイラル」に。

 本書では、ヒヅメさんの手術から入院、その後の再発の兆しまで、自身の経験も紹介しつつ、今日からできる改善ポイントにフォーカスしている。

book_20220318114018.jpg
book_20220318114018.jpg

book_20220318114032.jpg

 平田先生のアドバイスをもとに生活習慣を改善したヒヅメさん。徐々におしりだけでなく、体調までも改善されたという。

book_20220318114046.jpg

book_20220318114100.jpg

 トイレでの姿勢は前傾姿勢が理想的、便秘を治す朝習慣、食物繊維を多くふくむ食材を食べることなど、具体的なアドバイスが満載だ。

 おしりの病気はなかなか人に言いにくいものがあるが、治さないとどんどん悪化してしまう。気になる症状を感じている方は、今のうちに生活習慣を整えておこう。

■平田雅彦(ひらた・まさひこ)さんプロフィール
平田肛門科医院院長。日本大腸肛門病学会肛門領域指導医。
「手術をしないで治す」を信条とする肛門科専門医。筑波大医卒。1982年に慶應義塾大学医学部外科学教室に入局。1985年に社会保険中央総合病院大腸肛門病センターに入り、大腸肛門病の専門医となる。現在は、1935年開院の平田肛門科医院の3代目院長。ストレスマネジメント、食事指導、ビフィズス菌投与、排便イメージトレーニングなど心身両面の生活指導を行い、のべ40万人以上の患者を改善に導いた。著書に『新版 痔の最新治療』(主婦の友社)、『38万人を診た専門医が教える自分で痔を治す方法』(アチーブメント出版)などがある。

■ヒヅメさんプロフィール
建築士、漫画家。
日本工業大学工学部建築科を卒業後、発電プラント企業に勤務。在職中に一級建築士の資格を取得。その経験をもとにした受験体験記『一級建築士になりたい』が発表後1年で2万ダウンロードを記録し、Kindleインディーズマンガ大賞にノミネートされる。その後、建築実務に携わりながら、漫画家として活躍。著書に『一級建築士受験 マンガでわかる製図試験』(学芸出版社)がある。


※画像提供:小学館集英社プロダクション


  • 書名 マンガでわかる痔の治し方
  • 監修・編集・著者名平田雅彦、ヒヅメ 著
  • 出版社名小学館集英社プロダクション
  • 出版年月日2022年3月16日
  • 定価1430円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・176ページ
  • ISBN9784796878951

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?