本を知る。本で知る。

浮気はいけないことかもしれないけれど...。長谷川京子、雑誌「with」に語った「金魚妻」と「今の私」

with 2022年4月号

 2月26日に発売された「with」2022年4月号(講談社)の特集は、「やっぱり今の私が一番好き!」。3月8日の国際女性デーに合わせ、俳優の長谷川京子さん、衆議院議員の野田聖子さん、アーティストの倖田來未さんなど、各界で活躍する女性たちの、勇気をもらえるインタビューが掲載されている。


特集のトップバッターは、俳優の長谷川京子さん
特集のトップバッターは、俳優の長谷川京子さん

浮気はいけないことかもしれないけれど...

 先日事務所独立を発表し、Netflixシリーズ『金魚妻』でも話題の長谷川京子さん。人気ドラマに相次いで出演した27歳前後は、オフィシャルなイメージと本当の自分とのギャップや、女優としてゴールを置くべき場所に悩んだという。不安定なころ、漠然と思い描いていたのが母になること。「ひとりだと飛ばされてしまいそうな自分を、この世に繋ぎとめてくれる存在が私には必要だ」と感じていたという。母になって13年、仕事と子育てを両立するなかで、少しずつ自分を愛せるようになった長谷川さん。子供たちの成長とともに関わりかたが変化し、時間の使いかたや仕事へのスタンスも変わりつつある。

 『金魚妻』では、篠原涼子さん演じる主人公・さくらの夫の浮気相手、ゆり葉を演じる。「浮気はいけないことかもしれないけれど......やっぱり、みんな誰かに必要とされたいんだと思います。(中略)年齢を重ねて自信がなくなったときに、切実な自己承認欲求みたいなものが、ああいった形になってしまうということは、あるかもしれない」と作品への共感を語った。

 現在、内閣府特命担当大臣の野田聖子さんは、かつて「政界の聖子ちゃん」と呼ばれ、アイドル議員のように扱われていた。「カリスマ性を維持するために、結婚はするな」「女性有権者に支持されるために結婚しろ」といった周囲の意見に翻弄されながらも、「自分に嘘をつかない」という信念だけは貫き通してきた。アイドルでもカリスマでもない、「ふつうの女」としての自身とは。

 アーティストの倖田來未さんは、「早く40歳になりたい」と言う。「艶女(アデージョ)っていいよね。艶が出てくるのは30代後半から40代だと思うから、年齢を重ねるのが楽しみ」。常に「今」を楽しみ、自分磨きをおこたらない倖田さんのスタンスからは、ポジティブなパワーがもらえるはずだ。

村木厚子さん、本谷有希子さんのインタビューも

 元厚生労働事務次官で、津田塾大学客員教授の村木厚子さんは、「平凡な人間でも、夫婦で子育てをしながら役所勤めの人生をやり切れることを証明したかった」と語る。裁判を乗り越えられたのは、「人生を他の人に委ねたくなかったから」。まっすぐに実直に、信念をもって積み重ねてきた半生を語った。

 劇作家・小説家の本谷有希子さんは、「『今の私が一番好き』か聞かれると、ちょっと考えてしまう......すみません(笑)」と、企画自体にまで挑戦的だ。「同じことをするのが嫌」「コンプレックスは財産」といった、型にはまらない価値観が語られている。ドラマ『アンナチュラル』『MIU404』などのプロデューサー・新井順子さんは、「楽しくやれたらいい」がモットー。「何事も否定から入らず、まずは面白がってみる」というアイデアづくり・現場づくりを教えてくれた。

 他にも、AAAの宇野実彩子さん、字幕翻訳家の戸田奈津子さん、美容家の石井美保さん、アートディレクターの吉田ユニさん、ファッションディレクターの松本恵奈さん、モデルの宮田聡子さん、お笑い芸人の友近さんと近藤春菜さんのインタビューが掲載されている。

 通常号の表紙は、3月2日に6枚目のシングル「共鳴」をリリースしたSixTONES。新たなファンがさらに急増しているなか、ファンが知りたい「あの頃のハナシ」にクローズアップ。読者から寄せられた、プライベートや高校時代についての質問に答えている。同号Special Edition版の表紙は宇野実彩子さん。約1年ぶりの表紙登場で、「オトナかわいい」の世界観をたっぷりと表現した。

Special Edition版の表紙は宇野実彩子さん
Special Edition版の表紙は宇野実彩子さん

※画像提供:講談社


  
  • 書名 with 2022年4月号
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2022年2月26日
  • 定価710円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?