本を知る。本で知る。

インク沼にようこそ! 魅力きらめくアートなガラスペンの世界

見て、さわって、書いて、描く はじめてのガラスペン

   SNSで「インク沼」というハッシュタグが流行っている。万年筆などで使うインクにハマることを指す言葉だ。ブームに乗り、ガラスペンを使う人も増えているようだ。ガラスペンとはその名の通りガラスでできたペンで、インクに浸して使う。万年筆よりも手軽にインクを替えることができ、美しい芸術のようなペン軸が魅力だ。

   

   そんなガラスペンの魅力をあますことなく紹介している本が『見て、さわって、書いて、描く はじめてのガラスペン』(武田健・実務教育出版)だ。ガラスペンの使い方から選び方といった初歩的なところから、おすすめのお店やガラスペンのさまざまな使い方まで紹介してくれている。

book_20220228113746.jpg

ガラスペンの選び方3つのポイント

   ガラスペンは、数千円と手頃な値段のものから数万円と値の張るものまでさまざまな種類がある。どのように選べばよいのだろうか。本書では選び方のポイントを3つ紹介している。

1.ほしいガラスペンをイメージする
購入する際は、普段愛用している筆記具を基準にして選ぶとよいとのこと。手が小さめの人は細く、短いペンを、手が大きい方は太く長めのペンがおすすめだそう。

book_20220228113810.jpg
Shoko Yamazakiのガラスペン。手にフィットするショート軸は手が小さめの人におすすめ。

2.使っていて楽しくなる色味のものを選ぶ
光とガラスが渾然一体となったさまは、ガラスペンの魅力の一つ。一本一本手作りであるため微妙に異なる。また、色味は夕焼けのような色味から紺碧の夜空のような色味まで幅広くある。気分にあった色をチョイスしよう。

book_20220228113840.jpg
北一硝子のカラフルでエレガントなガラスペン。4000円前後とお手ごろ価格のものも。

3.求める書き味かどうか試筆する
実用性も求めるならば試筆はマスト。ペン先の形によって線の太さが変わる上に、手作りのため同じ細さでも書き味が異なってくるそうだ。今はガラスペンフェアを開催していたり、取り扱っている百貨店やお店が増えてきている。試筆の機会があれば試筆したほうがよさそうだ。

book_20220228113909.jpg
初めて使う人のために、書き方レッスンも掲載されている。

かわいくて美味しそうがコンセプトの「ぐり工房」

 

   ここからは本書に掲載されているおすすめのお店を紹介する。どれも個性豊かで美しいガラスペンなのでぜひチェックしてほしい。

   最初に紹介するのは「ぐり工房」だ。美術大学でガラス工芸を学んだ殿木久美子さんが「かわいくて美味しそう」というコンセプトでデザインを担当している。和スイーツシリーズは飴玉のようでお土産にもよさそうだ。

book_20220228113930.jpg

book_20220228113951.jpg
右ページが「和スイーツ」シリーズ。さくら、抹茶、もなかという名前も遊び心たっぷり

物語性のある詩的なデザインが特徴的「glass kaoria」

 

   続いて紹介するのは「glass kaoria(グラスカオリア)」。2018年に京都でガラス工房を始めたガラス作家KAORIさんのブランド。ガラスペン界隈では有名な「ガラス工房まつぼっくり」の松村潔さんのもとで、酸素バーナーワークを習得したそうだ。

book_20220228121719.jpg
右ページは限定品の人魚姫Sara。美しく精巧な作りで、まさにアート。

コーヒー好きの作家によるガラスペン「Jerjertu Coffee」

 

   最後に紹介するのは、コーヒーをこよなく愛するNatsuさんによるブランド「Jerjertu Coffee」だ。ブランド名の「ジェルジェルツ」は世界最古のコーヒー農園があるといわれているジェルジェルツー村からつけたそう。コーヒー豆が中に入ったデザインは、コーヒー好きにはたまらない一品だ。

book_20220228114054.jpg

 

   本書には他にも魅力的で美しいガラスペンがたくさん紹介されている。ゆっくりと眺めてガラスペンの世界に浸ってみてはいかがだろうか。


※画像提供:実務教育出版


  • 書名 見て、さわって、書いて、描く はじめてのガラスペン
  • 監修・編集・著者名武田 健 著
  • 出版社名実務教育出版
  • 出版年月日2021年12月 1日
  • 定価2,200円(税込)
  • 判型・ページ数B5変型判 144ページ
  • ISBN9784788926189

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?