本を知る。本で知る。

Twitterで大注目!謎解き系「すこしずるいパズル2」に挑戦しよう

すこしずるいパズル2

 たつなみさんがTwitterに投稿したパズルが書籍化された『すこしずるいパズル』は、「ずるい...でもスッキリする!」とメディアでも話題になった。 7歳の小学生から90代のシニアまで幅広い世代が楽しんだというパズル本の第2弾『すこしずるいパズル2』(アリス館)が発売された。

book_20220225124947.jpg

 本書のパズルの醍醐味はタイトルの通りの「ずるさ」。頭をやわらかくして臨まないと解けない、予想を裏切るずるい仕掛けが満載だ。「ずるい」とは、何を指すのか、ぜひ、本書で「ずるさ」を体感してほしい。

 イラストや手書き文字からなるパズルは、とてもゆるい雰囲気なのに、途中まで解いても最後に苦戦する。ここでは、「生き物クロスワード」と「しりとりパズル」を紹介しよう。

book_20220225125003.jpg
「生き物クロスワード」

book_20220225125023.jpg
「しりとりパズル」

 解けただろうか?筆者は、まだ解けない、最後に悶々としている。ひらめき力が足りないのかも。

 本書には、解けない人に向けて「追加ヒント」のページもあり、ここも含め「丁寧な3段階ヒント」が謳い文句になっている。これで解けなかったら......。

book_20220225125040.jpg
追加ヒント

 挑戦し甲斐のあるパズルを50問も収録された本書。巻末には「すこしずるいパズルの作り方」も掲載されているので、作り手の思考を研究することも、あなたが作り手になることも可能だ。

 ぜひ全問正解をめざして挑戦してみて。家族みんなでワイワイ解くのも楽しそう。


■たつなみさんプロフィール

ゲームクリエイター&プログラマー。 代表作は『ゼリーのパズル』、『ハナノパズル』シリーズ、『ユウゴウパズル』。 Twitterに投稿しているパズルが人気を博している。


※画像提供:アリス館

  • 書名 すこしずるいパズル2
  • 監修・編集・著者名たつなみ
  • 出版社名アリス館
  • 出版年月日2022年2月25日
  • 定価1100円(税込)
  • 判型・ページ数144ページ
  • ISBN9784752009948

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?