本を知る。本で知る。

道路の「止まれ」の文字は、誰が作ったのか?

もじモジ探偵団 まちで見かける文字デザインの秘密

 デザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌「デザインのひきだし」の人気連載5年分を書籍化した、『もじモジ探偵団 まちで見かける文字デザインの秘密』(グラフィック社)。発売からひと月を待たず、早くも重版出来となった。

 新聞の題字や、道路の「止まれ」など、街や暮らしのなかで必ず目にしたことのあるあの文字は、誰がどうやってデザインしたのか? 探偵アイアイと助手のネコくんが、文字のデザインの秘密を探る。


 新聞の顔となる題字、道路に書いてある「止まれ」の文字、視力検査で使われているひらがな・カタカナ、駅弁のパッケージから電光掲示板まで。私たちの周りにはありとあらゆる文字があふれているが、それぞれの文字を、誰がどうやってデザインしたのか考えながら見たことはないのではないだろうか。

 どんな文字にも、デザインした人がいて、制作の背景がある。文字の謎を覗いてみると、街じゅうの文字を見るのがいまよりもずっと面白くなるはずだ。

新聞の題字、道路の文字......普段何げなく見ている文字にも背景が
新聞の題字、道路の文字......普段何げなく見ている文字にも背景が
「片仮名視力表」が考案されたのは、なんと107年前
「片仮名視力表」が考案されたのは、なんと107年前
駅弁の文字には、それぞれの歴史がある
駅弁の文字には、それぞれの歴史がある
電光掲示板の文字「ビットマップフォント」の開発者に取材
電光掲示板の文字「ビットマップフォント」の開発者に取材

 本書で紹介されている文字は以下の16種類だ。
ナンバープレートの文字/新聞の題字/電光掲示板の文字/道路の文字/お札の文字/視力表の文字/ストロークフォント/たばこ看板の文字/風景印の文字/テレビ美術の文字/ネオンサインの文字/郵便ポストの文字/駅弁の文字/看板のかまぼこ文字/松屋銀座の文字/たべっ子どうぶつの文字

 文字の世界を案内するのは、文字のデザインが気になって仕方がない2人組、探偵アイアイと助手のネコくん。本文イラストと装画は、ヒグチユウコさんが手がけている。


 「もじモジ探偵団」は、現在も引き続き「デザインのひきだし」で連載中だ。最新号『デザインのひきだし45』(グラフィック社)では、ペットボトルのフタや缶の底などで見かける「賞味期限」「製造年月日」の文字を調査している。もっと文字の謎を知りたくなった方は、ぜひそちらもチェックしてみてほしい。
連載中の最新号『デザインのひきだし45』(グラフィック社)
連載中の最新号『デザインのひきだし45』(グラフィック社)

■雪朱里(ゆき・あかり)さんプロフィール
 ライター、編集者。1971年生まれ。武蔵大学日本文化学科卒。
 写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『時代をひらく書体をつくる。―書体設計士・橋本和夫に聞く 活字・写植・デジタルフォントデザインの舞台裏』『印刷・紙づくりを支えてきた 34人の名工の肖像』(以上、グラフィック社)、『「書体」が生まれる ベントンと三省堂がひらいた文字デザイン』(三省堂)など多数。『デザインのひきだし』誌レギュラー編集者もつとめる。


※画像提供:グラフィック社


  
  • 書名 もじモジ探偵団 まちで見かける文字デザインの秘密
  • 監修・編集・著者名雪 朱里 著/ヒグチユウコ イラスト
  • 出版社名株式会社グラフィック社
  • 出版年月日2022年1月 7日
  • 定価2200円(税込)
  • 判型・ページ数A5並製・168ページ
  • ISBN9784766136050

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?