本を知る。本で知る。

極道から歌舞伎の女形へ。尾上菊之助の声で聴く、吉田修一『国宝』の世界

国宝 上 青春篇

 本を「聴く」という選択肢が、浸透しつつある。

 Amazonのオーディオコンテンツサービス「audible」 (以下、オーディブル) 。2022年1月27日(木)から、日本向けの会員プランが定額「聴き放題」制となった。オーディブル会員は、12万以上のオーディオブックとポッドキャストの対象作品を聴き放題で楽しむことができる。注目のコンテンツを一部ご紹介しよう。

歌舞伎大河小説を、尾上菊之助の声で

 注目のオーディオブックは、吉田修一さんの『国宝』(朝日新聞出版)。極道の生まれから歌舞伎の女形となった男の数奇な人生を描いた、この大河小説を読み上げるのは、歌舞伎役者の尾上菊之助さんだ。作品は上下巻、オーディブルの再生時間21時間7分という超大作。このボリュームを菊之助さんは、面白くて「一気に読み終えた」と話す。



 朗読に際して、作品中には菊之助さん自身が演じた演目もあれば、演じたことのない役柄も登場した。そんなときは、菊之助さんはその役を演じた先輩に、感情の込め方やせりふ回しを聞いて勉強してから収録に挑んだという。歌舞伎の世界観の再現に、細部までこだわった朗読。声を聴くだけで、舞台が目の前にあらわれたような心地になるはずだ。

 菊之助さんは読者に対し、「歌舞伎というと少し敷居が高い、近寄りがたいと思っている方もいらっしゃると思うが、『国宝』という作品を通して、歌舞伎を少しでも身近に感じてほしい」とのコメントを寄せている。オーディブルで、歌舞伎の世界に触れてみてはいかがだろうか。

 オーディオブックにはほかにも、第166回直木賞・第12回山田風太郎賞を受賞した米澤穂信さんの『黒牢城』(KADOKAWA)、昨年末に映画化された瀬尾まいこさんのベストセラー『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)などの話題作が、多数配信されている。



オリジナルポッドキャストにも注目

 オーディオブックだけでなく、オーディブルオリジナルのポッドキャストも目白押しだ。注目は、俳優の杏さんによる「Journey to the origin with Anne」。杏さんが選んだ1冊の本から、さまざまなテーマで物事の起源(オリジン)をたどる。2022年1月27日に配信された第1回では『地図の物語』(日経ナショナルジオグラフィック社)を、2月4日に配信された第2回では『世界をおどらせた地図』(日経ナショナルジオグラフィック社)を取り上げ、先人たちが地図を通して、どのような冒険をし、どう世界を捉えてきたのか、その起源を探っている。



 ほかにも、「日本に舞い降りた金髪の天使」ことマシュー南が、ゲストを迎えた貴重なトークや個性全開のスペシャル企画を繰り広げる「Matthew's Matthew マシュー南の部屋の中のマシュー」や、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」でパーソナリティを務めるヒップホップ・グループ「RHYMESTER」の宇多丸さんとフリーアナウンサーの宇垣美里さんが、ゲストと共に本を語るブックセレクト企画「アトロク・ブック・クラブ」など、気になるコンテンツが盛りだくさん。ポッドキャストは1本30分前後のため、ちょっとした暇つぶしにも最適だ。



ゆっくり本を読む時間がなくても、家事や作業をしながら楽しめるオーディブル。あなたも、「聴く」楽しみを日常に取り入れてみてはどうだろうか。


※画像提供:Amazon


  • 書名 国宝 上 青春篇
  • 監修・編集・著者名吉田 修一 著
  • 出版社名朝日新聞出版

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

トピックスの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?