本を知る。本で知る。

「産むときもひとりなんだ」。コロナ禍妊婦のホンネは?

コロナ禍妊娠日記

   妊娠・出産は喜ばしいことだが、コロナ禍の自粛ムードの中では「喜んでいいのだろうか」とひそかに悩んだ経験をした方も多いのではないだろうか。面会や立ち合い出産が難しかったり、親や親せきなど身近な人と祝うこともできなかった、という人もいるだろう。

book_20211108160925.jpg

   『コロナ禍妊娠日記』(幻冬舎)は、そんな妊婦のひとり、マンガ家・おおがきなこさんが、自身の体験をメディアプラットフォームnoteに綴った連載を単行本化した作品だ。

妊娠よりコロナのほうが身近

   感染対策のために「おひとりでご来院ください」と病院スタッフに告げられ、「コロナ禍妊婦」であることを実感したおおがきなこさん。しかし、この時すでにコロナ発生から約1年経っていたため、「今の世の中で出産する不安」は自身でも拍子抜けするくらいなかったという。

   本書では幸せいっぱいの妊婦の姿ではなく、「妊娠したけど幸せ感じられてないよ」「子どもほしいってまだ思えないよ」という正直な気持ちが淡々と綴られている。妊娠中には「幸せそうにしてなきゃ」とプレッシャーを感じつつも「でもコロナ禍だから深刻そうにもしなきゃ」と忖度してしまうこともあったという。

「妊娠より、もうコロナの方が身近だった」「多分私、産むときもひとりなんだ」「4度目の緊急事態宣言、聞き慣れちゃって全然ヒヤヒヤできません」「赤ちゃんがいるからって強く優しくはならない」

   誰に忖度することもなく、正直な気持ちが綴られた作品だ。「言っちゃいけないひとりごとなんかないよ」が作品のテーマだとおおがきなこさんは語る。

   コロナ禍だからこそ嬉しさや不安を表しにくい人も多いはず。自分に正直になれずに疲れてしまう。そんな方に読んでもらいたい1冊。


※画像提供:幻冬舎

 
  • 書名 コロナ禍妊娠日記
  • 監修・編集・著者名おおがきなこ 著
  • 出版社名幻冬舎
  • 出版年月日2021年10月28日
  • 定価1210円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・128ページ
  • ISBN9784344038578

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?